HEADLINE

ニュース

『おやすみジャック・ザ・リッパー』舞台化!第1弾キャストに高崎翔太、井深克彦、伊藤マサミが決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004093.jpg

話題の漫画『おやすみジャック・ザ・リッパ-』が舞台化し、2016年4月20日(水)より東京・博品館劇場にて上演されることが決定した。原作は、月刊「ARIA」(講談社)にて現在好評連載中の作品で、「Are you Alice?」「停電少女と羽蟲のオーケストラ」などの漫画原作・ドラマCD脚本で知られる二宮愛が原作を手がけ、新鋭・名尾生博が漫画、「ガッチャマンクラウズ」のキャラクター原案などで人気のイラストレーター・キナコがキャラクター原案を担当している。

関連記事:こちらも初舞台化!高杉真宙と横浜流星が初共演!『闇狩人』2016年5月上演決定

物語の舞台は、地獄。地獄へ堕ちた死刑執行人エドワード、彼を地獄で待ち受ける世紀の大罪人ジャック・ザ・リッパー、狼男のウルフなど地獄の面々の、残酷で切なく、時に優しい地獄での生活を描くファンタジーだ。

関連記事:高崎翔太出演のミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』公開ゲネプロの【動画】はこちら

エドワード役を演じるのは、ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』ミュージカル『薄桜鬼』新選組奇譚などの話題作に多数出演する高崎翔太。ジャック役を演じるのは、『DIABOLIK LOVERS』『薄桜鬼 SSL』などに次々と出演、2016年3月には舞台『残響のテロル』への出演が控える井深克彦。また、ウルフ役には、進戯団 夢命クラシックス主宰、エンターテイメント・ユニットbpmのメンバーであり、アプリゲーム「あんさんぶるスターズ!」で瀬名泉役の声優も務める伊藤マサミが決定した。

関連記事:井深克彦出演の舞台『DIABOLIK LOVERS』公開ゲネプロの【動画】はこちら

『おやすみジャック・ザ・リッパ-』舞台化_2.jpg

新感覚冥界(アンダーワールド)ファンタジー『おやすみジャック・ザ・リッパ-』は、2016年4月20日(水)から4月24日(日)まで東京・博品館劇場にて上演される。チケットの一般発売は、2月20日(土)より開始。なお、原作コミックス第1巻は1月7日(木)に発売されているので、合わせてチェックしてみてほしい。

(C)二宮愛・名尾生博・キナコ/講談社

(文/エンタステージ編集部)

おやすみジャック・ザ・リッパー

作品情報おやすみジャック・ザ・リッパー

新感覚冥界ファンタジー、早くも舞台化!! 冥界で出会った"モンスター"達の普通じゃない日常が始まる―。

  • 公演:
  • キャスト:高崎翔太、井深克彦、伊藤マサミ、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP