HEADLINE

ニュース

12月27日(日)に大千秋楽!ミュージカル『黒執事』-地に燃えるリコリス2015-、中国よりレポート&コメント到着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『黒執事』中国公演

新キャスト・新演出で再演を果たし、大阪・宮城・東京・福岡での国内ツアーを2015年12月6日(日)に終えたミュージカル『黒執事』-地に燃えるリコリス2015-。その中国公演が、12月11日(金)から中国・上海の芸海劇院にて開幕。その後、北京、深センと公演を行い、ついに12月27日(日)に大千秋楽を迎える。今回の中国ツアーは、ミュージカル『黒執事』シリーズにとって初めての海外公演であり、ファン待望の中国初上陸となった。

関連記事:東京公演の模様はこちら!ミュージカル『黒執事』-地に燃えるリコリス2015- 東京公演観劇レポート

『黒執事』中国公演_2

中国初上演の上海公演初日は、あいにくの雨にも関わらず多数の観客が詰めかけ満席に。幕が上がると同時に、客席が息を呑むのがわかるほどの緊張感の中、セバスチャン(古川雄大)が登場。和やかなシーンでは、次から次へとキャラクターが登場するたび、一挙手一投足に歓声が上がった。現地のファンからは「キャラクターたちが美しすぎる!」「本当にすごいものを見た。一生に一度は見るべき!」「ロンドンの街並みが再現されていて、クオリティが高い」と絶賛の声。

『黒執事』中国公演_3

日本語での上演に全編中国語字幕を使用し、時おり中国の観客に向けた中国語の台詞、挨拶などを織り交ぜながら上演された中国公演。カーテンコールでは、古川がこの日のためにと練習した中国語で挨拶に臨み、大歓声を浴びた。上海・北京公演を終えた心境について、セバスチャン・ミカエリス役の古川と、シエル・ファントムハイヴ役の福崎那由他からコメントが届いたのでお伝えする。

◆古川雄大(セバスチャン・ミカエリス役)
ミュージカル「黒執事」初の海外公演進出、中国での公演が始まり約2週間。上海公演、北京公演を終え、ついに最終公演地深センです。初めての中国公演は驚きの連続でした。開演前緞帳越しに伝わる熱気、幕が上がってからの大きな歓声。一瞬一瞬を見逃さない集中力で観劇し、すべてのお客様が感情をストレートに表現して下さっていたことに感動しました。上海、北京でも反応が違ったように、また深センでも新しい発見があることと思います。残りの公演も楽しみながら、カンパニー一丸となり、取り組んでいきます。そして今後、さらに他の国にもミュージカル「黒執事」がお届けできるよう切磋琢磨していきます。

◆福崎那由他(シエル・ファントムハイヴ役)
シエル・ファントムハイヴ役の福崎那由他です。初めての海外公演でとても緊張しましたが、中国のお客様は日本とはまた違うリアクションがあって、とても新鮮に感じました!中国公演中でも自分を成長させ、残りの深セン公演も楽しんでシエルを演じきりたいと思います!よろしくお願いします!

『黒執事』中国公演_4

ミュージカル『黒執事』-地に燃えるリコリス2015-は、2015年12月25日(金)から12月27日(日)に深セン・保利劇院での公演で国内外全40公演の大千秋楽を迎える。

※深センの「セン」は、つちへんに「川」

(C)2015 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト

(文/エンタステージ編集部)

黒執事 -地に燃えるリコリス2015-

作品情報黒執事 -地に燃えるリコリス2015-

新生・ミュージカル『黒執事』!紅き死神を魅了した、燃えるような殺意。霧の倫敦を血に染める事件に、ファントムハイヴ家の黒い過去が悲劇の歯車となって絡み始める―。

  • 公演:
  • キャスト:古川雄大、福崎那由他、植原卓也、矢田悠祐、広瀬友祐、輝馬、佐々木喜英、荒木宏文、AKANE LIV、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP