HEADLINE

ニュース

残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』観劇レポート、再演され続ける魅力に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

004006.jpg

2015年12月18日(金)より、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演が始まった残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』。漫画家・古屋兎丸の最高傑作のひとつと呼ばれている原作は、コミック発売から今年で10周年を迎えた。今冬には、古川雄輝主演で映画化も決定している。舞台は、2012年、2013年と立て続けに上演され、全公演即完売となった。あれから2年・・・今度はまったく新しい歌ありダンスパフォーマンスありの“残酷歌劇”として、装い新たに蘇った。

関連記事:残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』開幕!河原雅彦と中村倫也より初日コメント到着

舞台は、工場からの排気と油で黒く覆われた街・螢光町の片隅にある廃墟。そこは、学生帽・詰襟の学生服に身を包んだ少年たち・・・「光クラブ」の秘密基地だ。

9人の少年たちの帝王として君臨するのは、ゼラ(中村倫也)。光クラブには途中から入ったにも関わらず、チェスの才能と高いカリスマ性で絶対的なリーダーとなっていく。その崇高な目的は、“甘美なる機械(マシン)”を作り、「自分の命運を握る美しい少女」を見つけること。

残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』_2

そのゼラを崇拝するのが、ジャイボ(吉川純広)とニコ(尾上寛之)。ジャイボは、ゼラに対して異常なほど執着し、ニコは強烈な忠誠心を燃やす。そして少年たちはついに甘美なるマシン「ライチ」を完成させる。感情を持たないライチ(皇希)は、ゼラに言われるがままに「美しいもの」=少女をさらってくるようになる。

しかし、もともとリーダーとして「光クラブ」を立ち上げたタミヤ(玉置玲央)は、残酷なゼラのやり方に疑問を感じるようになっていた。誰もがゼラを崇めるなか、友人カネダ(赤澤燈)、ダフ(味方良介)と変わらぬ友情を誓い合う。自分に反抗するようなタミヤの様子を知り、ゼラは暴力でタミヤをねじ伏せようとする・・・。こうして『ライチ☆光クラブ』の見どころでもある、ゼラとタミヤの二人の対立が浮き彫りになっていく。

残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』ゲネプロ_3

絶対王者ゼラに対し、玉置の演じるタミヤは、とにかくまっすぐだ。おかしいことは「おかしい」、嫌なことは「嫌だ」と、迷いながらもハッキリと口にする。客席の奥までよく通る声が、その実直さを感じさせる。相反するように、中村演じるゼラはとても屈折している。物語前半は凛とした美しい「少年たちの帝王」だが、後半になるにつれ、怒りや焦りで激しく狂っていく。前半とは別人のようなゼラ。この落差を見せるのが、中村の真骨頂だ。

他の少年たちも皆キャラクターが立っていて、物語の脇を固めている。コミカルなヤコブ(加藤諒)、オネエな雷蔵(池岡亮介)、女性が演じたデンタク(BOW・東京ゲゲゲイ)など実に個性豊かである。

残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』ゲネプロ_5

そして物語のもうひとつの見どころが、攫われてきた少女カノン(七木奏音)とマシン「ライチ」の恋だ。七木奏音は、誰もが恋する孤高のヒロインを演じた。18歳ながら堂々とした存在感で、少年たちを虜にしていく。カノンと心の交流を図るロボット・ライチを、ダンススキルの高い皇希が演じたことにより、過去にライチを演じた島田久作、オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)とはまったく違った切ないライチが誕生した。

全編を通して、河原雅彦演出が冴え渡る。扇情的な照明・音響効果、東京ゲゲゲイ振付によるキレのいいダンスと、息もつかせぬ怒濤の展開。そんな派手な舞台と反するような物悲しい歌。残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』はただ耽美なだけではなく、14歳の少年たちの"醜い大人になりたくない"という葛藤が、よく表れているエンターテインメント作品だ。

残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』ゲネプロ_4

残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』は、12月27日(日)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。大千秋楽公演は、全国の映画館でライブ・ビューイング上映される。

(C)古屋兎丸/ライチ☆光クラブ プロジェクト 2015

(文/エンタステージ編集部)

ライチ☆光クラブ

作品情報ライチ☆光クラブ

漫画家・古屋兎丸の最高傑作のひとつである人気漫画が装いも新たに舞台化。中村倫也、玉置玲央ら個性的な俳優陣が挑む!

  • 公演:
  • キャスト:中村倫也、玉置玲央、尾上寛之、池岡亮介、赤沢燈、味方良介、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP