HEADLINE

ニュース

湖月わたる、ミュージカル『CHICAGO』来日公演に登場!「シカゴSPマチネ」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

003992.jpg

2015年12月4日(金)より、東京・東急シアターオーブで上演中の来日ミュージカル『シカゴ』で、17日(木)より「シカゴSPマチネ」が始まった。東京公演6回・大阪公演2回の計8回の昼公演に限り、通常は本場ブロードウェイのスター、アムラ=フェイ・ライトが演じている主人公ヴェルマ・ケリー役を、宝塚歌劇団元トップスターの湖月わたるが務めるスペシャル公演を行う。湖月は2014年に上演されたブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇100周年記念OGバージョンでも同役を演じているが、今回はアメリカ・カンパニーに混ざり、全編英語での挑戦となる。

関連記事:シャーロットが“悪女”になって日本凱旋!ミュージカル『CHICAGO』開幕レポート

「シカゴSPマチネ」_2

湖月が演じるヴェルマは、殺人を犯して刑務所に収監中のボードビルスターで、敏腕弁護士の力を借り無罪を勝ち取ろうとしている悪女。シャーロット・ケイト・フォックス演じるもうひとりの主人公、ロキシー・ハートと反目し合う役柄であると同時に、観客を物語世界へと引き込む橋渡し的な役割も担う。日本語で演じた時から、役作りのために英語の台詞にもあたっていた上、この出演のために単身ニューヨークに渡ってさらなるレッスンを重ねてきたという湖月。本番ではそのたゆまぬ努力の成果を発揮し、「ALL THAT JAZZ」をはじめとする名曲の数々を堂々と歌い上げたほか、持ち前の愛嬌で英語のセリフでもしっかり笑いを取って見せた。

「シカゴSPマチネ」_3

終演後、同じく「シカゴSPマチネ」キャストとして登板中の大澄賢也とともに取材に応じた湖月。「登場シーンでは心臓がバクバクっとしたが、お客さまのおかげでシーンを追うごとに温かい気持ちになれました。英語の発音も今日がいちばん良かったのではないかと思います」と満足気に振り返った。全キャストとリハーサルできたのは前日になってからだったこともあり、「二人くらい、「ALL THAT JAZZ」で足を踏んでしまいました(笑)」との失敗談も明かしたが、そのあっけらかんとした明るさも、また湖月の持ち味。大澄も、「かっこいいけどかわいらしいところがヴェルマ役にぴったり」と太鼓判を押していた。

関連記事:【動画】夢を掴んだシャーロット!ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』フォトコールをチラッと見せ

『シカゴ』は1975年に初演し、1996年に誕生したリバイバル版が、ブロードウェイで歴代第2位となるロングラン記録を今も更新中の人気作。“何でもアリ(ALL THAT JAZZ)”な富と名声の物語、洗練された音楽、セクシーなダンスが融合したスタイリッシュな舞台は、ブロードウェイミュージカルの代名詞との呼び声も高い。日本でも1999年の初来日公演以降、日本人キャストによる日本語版、米倉涼子が来日カンパニーに交ざった英語版、前述の宝塚歌劇OG版など様々な形で上演されており、来日公演だけでも今回で7度目。湖月と大澄は、12月17日(木)~20日(日)・22日(火)・23日(水・祝)の東京公演、26日(土)・27日(日)の大阪公演の昼公演に登板する。

「シカゴSPマチネ」_5

◆ブロードウェイ・ミュージカル『シカゴ』◆
東京公演:12月4日(金)~12月23日(水・祝) 東急シアターオーブ
大阪公演:12月26日(土)〜12月27日(日) 梅田芸術劇場メインホール

撮影:RYOJI FUKUOKA

(文/エンタステージ編集部)

シカゴ

作品情報シカゴ

  • 公演:
  • キャスト:シャーロット・ケイト・フォックス、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP