HEADLINE

ニュース

井上芳雄×安蘭けい『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』開幕レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ひょっこりひょうたん島』ゲネプロ

2015年12月15日(火)に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで開幕した『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』。1964年から1969年までNHKでオンエアされ、昭和の時代に多くの視聴者を熱狂させた人形劇『ひょっこりひょうたん島』が、演出家・串田和美らの手により全く新しい“漂流劇”として生まれ変わった。井上芳雄、安蘭けい、山下リオ、白石加代子ら魅力的なキャストが多数出演する舞台の模様をレポートしたいと思う(尚、一部ネタバレあり)。

関連記事:『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』井上芳雄にインタビュー!「演劇の“奥深い扉”を開けようとしています!」

『ひょっこりひょうたん島』ゲネプロ_2

舞台奥には半透明の板が立てられ、舞台上にはひょうたんを模した2つの円台が置かれている。大きい円台=回転舞台の周辺を「漂流する芸人」たちが取り囲み、役の支度を始める冒頭の場面や(主にドン・ガバチョを演じる白石に井上が髭を付ける仕草がチャーミング!)ミュージシャンが舞台上に現れ、不思議な台詞の掛け合いをするシーンでは早くも串田節が炸裂。人形を意識したムーブメントで出演者たちが円形舞台に上がり、個性の違う声を合わせる様子も楽しい。

『ひょっこりひょうたん島』ゲネプロ_3

『ひょっこりひょうたん島』ゲネプロ_4

稽古ではワークショップを積み重ね、出演者たちのアイディアが多く取り入れられたという本作。一本筋が通ったストーリーが展開するというよりは、いくつかのシーンが織り重なり、オムニバス形式で進んでいく構成なのだが、その中で“ミュージカル界のプリンス”井上芳雄がおそ松くんばりの六つ子に扮し、小劇場界から参戦する中村まことや小松和重らと終わらない椅子取りに興じたり、元宝塚男役トップスターの安蘭けいが「椅子よりソファが好き~」と、コミカルなナンバーを歌い上げて客席を沸かせる姿は斬新。稽古開始後のインタビューで「新しい演劇の扉を開きたい」と語っていた二人が、見事にそれを体現する様子に胸が熱くなった。

『ひょっこりひょうたん島』ゲネプロ_5

また、早稲田小劇場(現・SCOT)で“狂気の女優”と異名を取った白石加代子と、オンシアター自由劇場を率い、数々の舞台を世に送り出した串田和美の「昭和を代表する演劇人」二人が“東京のような街”で過去を懐かしみ、互いの健闘を讃え合うシーンも深く心に刺さる。

井上ひさし氏らが作家として参加した人形劇『ひょっこりひょうたん島』のキャラクター設定や一部のテイストを踏襲しつつ、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の一シーンが盛り込まれていたり、どこまでが即興でどこからが台本なのかが分からない俳優同士の掛け合いがあったりと遊び心も満載の本作。客席の大人たちが子どものような表情でトラヒゲ役の小松政夫の懐かしいギャグに笑い転げたり、博士役の山下リオの澄んだ声に耳をすませる様子も印象的だった。

関連記事:『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』安蘭けいにインタビュー!「“自分が知らない自分”とひょっこり出会える稽古場です!」

『ひょっこりひょうたん島』ゲネプロ_6

さまざまな分野で活躍する俳優たちがこの上ない化学反応を起こしながら、私たちをふとどこか知らない世界に誘ってくれる『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』。心の柔らかい部分を刺激されること請け合いの本作で、しばし優しい気持ちにひたってみてはいかがだろうか。

シアターコクーン・オンレパートリー2015-2016+こまつ座
◆『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』
東京公演:2015年12月15日(火)~12月28日(月) Bunkamuraシアターコクーン
東京2月公演:2016年2月3日(水)~2月11日(木・祝) Bunkamuraシアターコクーン
松本公演:2016年1月9日(土)~1年10日(日) まつもと市民芸術館 主ホール
大阪公演: 2016年1月15日(金)~1年17日(日) シアターBRAVA!
福岡公演: 2016年1月23日(土)~1月24日(日) キャナルシティ劇場

(取材・文 上村由紀子)

(文/エンタステージ編集部)

漂流劇 ひょっこりひょうたん島

作品情報漂流劇 ひょっこりひょうたん島

あの大人気人形劇を串田演出で初めて舞台に ひょうたん島とともに"あのころ"へ旅に出る

  • 公演:
  • キャスト:井上芳雄、安蘭けい、山下リオ、小松和重、山田真歩、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP