HEADLINE

ニュース

クエンティン・タランティーノ監督、最新作『ヘイトフル・エイト』をブロードウェイで舞台化したい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クエンティン・タランティーノ監督

『パルプ・フィクション』や『キル・ビル』シリーズといった傑作映画を生み出してきたクエンティン・タランティーノ監督が、最新作映画『ヘイトフル・エイト』をブロードウェイで舞台化したいと語っていることがわかった。米BROADWAY.COMが報じている。

関連記事:ロンドンのミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』がブロードウェイへ!

二人の賞金稼ぎと囚人、カウボーイや保安官ら男女8人の人間模様が描かれる西部劇『ヘイトフル・エイト』では、タランティーノ作品でお馴じみの俳優サミュエル・L・ジャクソンとティム・ロス、マイケル・マドセンらがキャストに顔を揃えている。

米The Hollywood Reporterのインタビューを受けた監督が、本作をブロードウェイで舞台化したいとの意向を示している。「舞台の脚本を書いて演出したいんだ。僕が作り上げたキャラクターを他の俳優にも演じてもらいたいから、次は『ヘイトフル・エイト』を舞台化したいね」と、新たなプロジェクトへの意気込みを語った。

意外なことに、監督はブロードウェイの舞台を踏んだ経験があり、サスペンス映画『暗くなるまで待って』(1968年公開)を舞台化した作品で、俳優として登板している。その時に味わった舞台熱が忘れられない様子の監督が、自作品をブロードウェイで甦らせることになったら、一体どんな仕上がりになるのか期待が高まる。

タランティーノ監督が、メガホンを取り脚本も手掛ける『ヘイトフル・エイト』は、2016年2月27日(土)より全国ロード開始。

クエンティン・タランティーノ監督 (C)Photo by Kazuki Hirata / HollywoodNewsWire.net

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP