HEADLINE

ニュース

ミュージカル『グランドホテル』中川晃教&成河の2パターンで2016年4月に上演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『グランドホテル』公演情報

2016年4月に、ミュージカル『グランドホテル』が上演されることが決まった。1989年にブロードウェイで初演された際には、トミー・チューンの演出・振付、ロバート・ライト&ジョージ・フォレストという往年の作詞作曲家コンビに、『ナイン』『タイタニック』『ファントム』などで知られるモーリー・イェストンも作詞作曲で参加し、1990年度のトニー賞で5部門を受賞。上演回数1017回を記録する大ヒットミュージカルとなった。

関連記事:中川晃教出演ミュージカル『HEADS UP!』の模様はこちら

舞台は1920年代の大都市ベルリン。若く美しく、だが貧しいフェリックス男爵は、ギャングによる借金の取り立てから逃げている。帝政ロシアで一世を風靡したバレリーナ、グルシンツカヤは座員を養う引退興行のためにベルリンへ。重い病を患う会計士オットー・グリンゲラインは、これまでの貯金を全て使って、人生の最期の日々を豪華なホテルで過ごそうとしていた。傾きかけた織物工場の娘婿社長プライシングは、会社を立て直す会合のためにホテルへ。ハリウッドでスターになることを夢に見るタイピストのフラムシェンはプライシング社長の私設秘書に誘われる。偶然にもグランドホテルで出会い、それぞれの人生が変わるような一夜を過ごす人々―。

日本では1993年に、当時の宝塚歌劇団月組トップスター・涼風真世の退団公演として、演出・振付にトミー・チューンを迎えて初上演された。今回の演出は、ミュージカル『タイタニック』(2015年)の心に深く残る新演出で絶賛されたロンドンの気鋭演出家トム・サザーランドが手がける。

関連記事:今冬絶対見逃せない!成河出演『スポケーンの左手』ゲネプロ観劇レビューはこちら!

キャストは、GREEN(以下G)とRED(以下R)の2パターンに分かれて、グランドホテルに集う人々の人間ドラマを描き出す。物語のキーマンとなるオットー役には、中川晃教(G)と成河(R)。フェリックス男爵役には、本作がミュージカル初出演となる宮原浩暢(LE VELVETS)(G)と伊礼彼方(R)。バレリーナのエリザベータ役は、元宝塚歌劇団花組トップスターの安寿ミラ(G)、バレエ界の至宝・草刈民代(R)がWキャストで挑む。その他にも個性豊かなキャスト陣が集結し、愛と狂騒の1920年代に『グランドホテル』で起こるの様々な人間模様を描き出す。

ミュージカル『グランドホテル』は、2016年4月9日(土)から4月24日(日)まで東京・赤坂ACTシアターにて、5月5日(木・祝)から5月8日(日)まで、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

グランドホテル

作品情報グランドホテル

華やかな「グランドホテル」に集う 境遇の異なる人々が織りなす人間ドラマ。日本で待望の再演!

  • 公演:
  • キャスト:中川晃教、成河、宮原浩暢(LE VELVETS)、伊礼彼方、安寿ミラ、草刈民代、戸井勝海、吉原光夫、昆夏美、藤岡正明、湖月わたる、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP