HEADLINE

ニュース

新境地へと挑む意欲作 現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』初日を終えたキャストからコメント到着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『道玄坂綺譚』初日コメント.jpg

2015年11月8日(日)に東京・世田谷パブリックシアターにて開幕した現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』。本作は、マキノノゾミが三島由紀夫の戯曲『近代能楽集』に収められた短編『卒塔婆小町』『熊野(ゆや)』の二編をまとめ、新作現代劇として甦らせた。初日を終え、マキノとキャストからコメントが届いたのでお伝えしよう。

関連記事:人気シリーズにマキノノゾミが挑む!現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』開幕レポート

◆マキノノゾミ(演出)
初日はいつでも怖いのですが、今日は特別に緊張しました。上演中は祈るような気持ちでしたが、長い拍手を頂きまして、良い初日となり大変嬉しかったです。本作は言葉で語る芝居ですので、ストレートに、自分がいつも向き合っているテーマ“幸せとは何か”について書きました。誰かの幸せな瞬間、肩の荷を下ろす瞬間が見たくて、芝居を作り続けているのだと改めて思いました。『近代能楽集』と読み比べて頂けると、僕の苦心の跡が良く分かって頂けると思います。

『道玄坂綺譚』初日コメント_2.jpg

◆平岡祐太
稽古場と、お客様の前で演じるのとは全く違いました。意図していないところでも、お客様は色々なものを受け取られたり、笑ってくださって、新しい発見がありました。僕は、冒頭からお客様を別の世界へと誘う役どころなので、回を重ねるごとにより一層掴めてくるのではないかと思います。観念的な世界観を味わいつつ、楽しんで頂ければと思います。ぜひ、観に来てください。

『道玄坂綺譚』初日コメント_3.jpg

◆倉科カナ
舞台はお客様の反応も入って完成しますので、マキノさんが戯曲で伝えたかった世界観が、本日少し完成に近づいたのではと思います。私は現実世界の少女ユヤと、“生きる美術品”として成長した女性ユヤの二役を演じるのですが、身体や声色で微妙な差異を出すのが難しいです。舞台は苦しんだ分だけ成長できる場だと思いますし、とてもやりがいを感じます。

◆眞島秀和
ずっとお客様が入っている様子を想像しながら稽古を重ねていたので、緊張することはないだろうと思っていたのですが、実際、冒頭はとても緊張しました。ですがキーチを演じる平岡さんが序盤を引っ張ってくださり、その空気に乗って、どんどん自分自身もこの芝居の世界観に入っていきました。演劇とは皆で助け合って創り上げていくものなのだと、改めて感じています。

『道玄坂綺譚』初日コメント_4.jpg

◆水田航生
どのような反応が来るのか、これほど予想ができない舞台は初めてでしたが、先入観を持たずに、とにかく台本に書いてあることに向き合い、まっすぐ忠実に演じることを心がけて初日に挑みました。これまで複数の役を演じ分ける経験はあまりなく、僕にとっても新しい挑戦ですが、舞台に上がる瞬間瞬間の切り替えを大切に演じていきたいと思います。

◆一路真輝
とても冒険的な試みをしている作品ですし、私自身の役の振れ幅が大きく、それぞれの役で驚くような変化を見みせなくてはならないので、稽古中は不安もありました。しかしマキノさんが「絶対面白い!」と仰ってくださり、信じてついていきました。本日の初日では、お客様が素直に笑い、入り込んでくださっているのを肌で感じることができ、明日以降も更に面白くなっていく予感がしています。

本作の最大の特徴は、複数の時間と空間、幻想と現実が、折り重なる重層的な劇世界だ。その世界の中で、役者は能面を付け替えるように言葉使いをがらりと変え、役柄を変化させていく。悲しい悲劇が幾重にも繰り返される『卒塔婆小町』と、男女の駆け引きをユーモラスに描く『熊野』、そんな二作がどう1つの世界になるのか。最後にはあっと驚く結末が・・・。

現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』は、東京・世田谷パブリックシアターにて、2015年11月21日(土)まで上演。

写真提供:世田谷パブリックシアター 撮影:細野晋司

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP