HEADLINE

ニュース

中島みゆき 夜会 VOL.18 「橋の下アルカディア」 -劇場版-、2016年2月公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜会 VOL.18「橋の下アルカディア」

2014年11月15日(土)~12月16日(火)、東京・赤坂ACTシアターで開催され、23公演3万人を動員した中島みゆき「夜会」最新作『夜会 VOL.18 「橋の下アルカディア」』が、2016年2月20日(土)劇場版として、全国の映画館での上演が決定した。

関連記事:2013年夏公演では主題歌を中島みゆきが担当、舞台『真田十勇士』囲み取材&プレスコールの様子をお届け!

「夜会」は、中島みゆきを語る上で絶対に欠かすことができない作品。1989年にBunkamuraシアターコクーンの誕生と共にスタート、本人曰く、「コンサートとも芝居ともミュージカルとも称しがたい何か」で、脚本・作詞・作曲・歌、そして主演の5役すべてを中島が務めるという世界に例のない舞台表現だ。音楽監督を瀬尾一三が務め、その妥協のない音づくりも大きな魅力の一つ。
また、今作は2008年から2009年にかけて行われた『夜会 VOL.15「~夜物語~元祖・今晩屋」』以来、6年ぶりの書き下ろし作品。チケットはこれまでの「夜会」同様、販売開始後即完売の「プラチナ・チケット」となった。

同公演の模様が余すところなく盛り込まれた本作は、ズーム等によるカメラ割りによって、注目のシーンが分かり易く仕上っており、またセリフや挿入歌となる「歌」も聞き取りやすく収録されているなど、本公演での鑑賞とはまた違った劇場版ならではの魅力が詰まっている。本公演の座席からは観ることのできなかった様々な角度から撮影された貴重映像も多数収録されているので、実際に本公演を観た人も、「夜会」未経験の人も楽しめる作品となっている。

夜会 VOL.18「橋の下アルカディア」

台本と共に書き下ろされた劇中のセリフとなり挿入歌となる「歌」は過去最多の46曲を収録。中島みゆき「夜会」最新作『夜会 VOL.18「橋の下アルカディア」』は、2016年2月20日(土)より、東京・新宿ピカデリーほか、全国にてロードショー。

©2014 YAMAHA MUSIC PUBLISHING,INC.

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP