HEADLINE

ニュース

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』ラヴァーン・コックス、リメイク版TV映画『ロッキー・ホラー・ショー』に出演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラヴァーン・コックス

女性刑務所で繰り広げられるコメディドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のソフィア役で注目されたラヴァーン・コックス。性転換者である彼女が、米FOXが製作する『ロッキー・ホラー・ショー』のリメイク版TV映画に出演することが明らかとなった。

関連記事:元スパイス・ガールズのエマ・バントン、一晩限り『ロッキー・ホラー・ショー』に特別出演!

1975年にブロードウェイで初演され、同年に映画化もされたロック・ミュージカルを代表する作品『ロッキー・ホラー・ショー』。米BROADWAY.COMによると、映画版のリメイクとなる本作で、ラヴァーンはフランク・フルター博士役を演じることとなる。道に迷い、古城にたどり着いた婚約ホヤホヤのカップル、ブラッドとジャネットが、そこで繰り広げられていた奇抜なパーティーを目撃する。そんな二人に、城の主であるフルター博士が人造人間ロッキーを二人に紹介し、ブロンド美男子のロッキーにジャネットが一目惚れしてしまう…というストーリーだ。

本作の誕生から40周年を祝うリメイク版でメガホンを取るのは、『ハイスクール・ミュージカル』シリーズや人気ファミリードラマ『ギルモア・ガールズ』で監督を務めたケニー・オルテガ。ラヴァーンは、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の演技で性転換者俳優として、初めてエミー賞にノミネートされる快挙を果たしている。

リメイク版は生放送ではなく、2016年秋の放送を目指しているとのこと。舞台版では、今年9月に、ロンドンのプレイハウス劇場にてリバイバル公演が11回にわたって上演され、そのうちの1回が、ヨーロッパ各地の映画館で上映され話題となった。

ラヴァーン・コックス (C)Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP