HEADLINE

ニュース

良知真次と平野良が“ふたりのゴッホ”に!ミュージカル「さよならソルシエ」2016年3月上演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル「さよならソルシエ」

2016年3月に舞台化が発表されたミュージカル「さよならソルシエ」の主役キャスト2名と公演詳細が決定した。原作は『月刊フラワーズ』(小学館)にて2012~13年に連載された漫画「さよならソルシエ」(作/穂積)で、「このマンガがすごい!」2014年オンナ編で堂々の1位に輝いた作品。全2巻の単行本は、現在までに累計発行部数50万部を突破し、20~30代女性から熱い支持を得ている大人気漫画だ。

関連記事:こちらも人気コミックスのミュージカル化。注目のメインキャストが華々しく勢揃い!『花より男子 The Musical』制作発表レポート

舞台は、19世紀のパリ・モンマルトル。生前、1枚しか売れなかった天才画家フィンセント・ファン・ゴッホが、なぜ現代では炎の画家として世界的に有名になったのか・・・。その陰には実の弟である天才画商テオドルス・ファン・ゴッホの奇抜な策略と野望があった。兄と弟、二人のゴッホの確執と宿命、そして絆を描いた奇跡と感動の物語だ。

二人のゴッホを演じるのは、良知真次と平野良。天才画商である弟・テオ役を演じる良知は、超歌劇『幕末Rock』、ミュージカル『シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~』、ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』など2.5次元作品から本格ミュージカルまで幅広く活躍している。今回の出演に際し、「原作の表紙をひらけたことを、役者として光栄に思います。「さよならソルシエ」のファンの皆様の世界観を壊さずに、アートとして、エンターテイメントとして、この舞台に一つずつ魂を吹き込んでいきたいと思います。」とコメント。

ミュージカル『テニスの王子様』1stシーズン、『ハンサム落語』シリーズ、ミュージカル『SONG WRITERS』などに出演、幅広い演技力を持つ平野は天才画家フィンセントを演じる。「人気漫画原作のミュージカルに出演させていただくことに喜びと興奮を覚えています。ストーリーは誰もが抱えている焦燥だったり羨む気持ちが交差するので一つずつ嘘をつかず誠を積み重ねていかないと伝えられないと思います。しかしその根本は愛だと感じているので、僕も愛情たっぷりに作品と向き合っていきたいです。」と語った。
ともに第一線で活躍し、屈指の歌唱力を持つ二人のW主演。兄弟が描く奇跡の軌跡をどう演じるのか、今から開幕が待ち遠しくなるキャスティングだ。

関連記事:二人のゴッホを演じる良知真次平野良、舞台で活躍する二人の軌跡をおさらい!

脚本・演出は、舞台「戦国BASARA」シリーズを手がけ、ダイナミックでエモーショナルな演出に定評がある気鋭の劇作家・西田大輔。音楽は、蜷川幸雄演出「オセロー」や、手塚治虫原作のミュージカル『虹のプレリュード』を手がけた稀代の音楽家・かみむら周平。
ピアノと歌で紡がれる〝ふたりのゴッホ″の物語。ミュージカル『さよならソルシエ』は、2016年3月17日(木)から3月21日(月)まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演。

© 穂積/小学館フラワーコミックスα © ミュージカル「さよならソルシエ」プロジェクト

(文/エンタステージ編集部)

ミュージカル「さよならソルシエ」

作品情報ミュージカル「さよならソルシエ」

2014年「このマンガがすごい!」オンナ編で堂々の1位を獲得した名作がミュージカルに。良知真次×平野良で“二人のゴッホ”を描く!

  • 公演:
  • キャスト:良知真次、平野良

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP