HEADLINE

ニュース

"ホームズたち"の競演も!ナショナル・シアター・ライブから必見の3作品をアンコール上映

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

003716.jpg

演劇界最高峰の英国ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した世界の名舞台を、映画館ならではの趣向を凝らして楽しめる企画「ナショナル・シアター・ライブ」(以下、NTL)。2014年にスタートし、多くの観客を集める本企画の中でも特に話題となった3作品がアンコール上映されることになった。

関連記事:NTLをオススメする三つの理由!今、最高にノってる英国発の舞台を堪能しよう

"世界の見逃せない舞台をもっと身近に映画館で"というコンセプトのもと、演劇界最高峰の英ロイヤル・ナショナル・シアターが世界で上演した演目の中から特に話題となった最高の舞台を映画館で上映するNTL。そんな豪華なラインナップの中から、今回、Bunkamuraル・シネマ(東京都渋谷区)でアンコール上映されることになったのは、以下の3本。

ザ・オーディエンス

■『ザ・オーディエンス』
2015年11月7日(土)~11月13日(金) 18:50~
映画『クィーン』でエリザベス女王を演じてアカデミー賞主演女優賞を獲得したヘレン・ミレンが再びエリザベス2世に扮し、見事トニー賞を受賞したドラマ劇。本来なら一般人は見ることのできない女王と歴代の総理大臣たちとの謁見を描く。演出を手掛けるのは『リトル・ダンサー』や『めぐり逢う時間』のスティーヴン・ダルドリー。

スカイライト

■『スカイライト』
2015年11月27日(金)~12月4日(金) ※12月3日(木)休映
日本では1997年に緒形拳と若村麻由美により上演されたことでも知られる、デヴィッド・エア作品。スティーヴン・ダルドリーが演出し、主役の二人を演じるのはビル・ナイ(『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』)とキャリー・マリガン(『華麗なるギャツビー』『わたしを離さないで』)。二人が織りなす複雑な人間ドラマを、人気デザイナーのボブ・クロウリーが手掛ける舞台美術が彩る。

フランケンシュタイン

■『フランケンシュタイン』
ベネディクト博士×ジョニー怪物版:2016年1月16日(土)~1月22日(金)
ベネディクト怪物×ジョニー博士版:2016年1月下旬予定
『SHERLOCK/シャーロック』と『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』でそれぞれシャーロック・ホームズを演じているベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが共演、しかもフランケンシュタイン博士役と怪物役を彼らが交互に演じるという趣向も含めて大きな注目を集めた話題作。ベネディクトとジョニーは、この演技で2012年ローレンス・オリヴィエ賞の主演男優賞をそろって受賞している。監督は、『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞をはじめ数々の映画賞に輝いたダニー・ボイル。批評家からも絶賛された主演二人の熱演と、ボイルの大胆な演出は、迫力あるスクリーンで見るべき出来だ。

関連記事:「ナショナル・シアター・ライブ」関連情報はこちら!

NTLの上映は都内ではこれまで六本木や日本橋、池袋などで実施されているが、渋谷では初めて。『ザ・オーディエンス』以外の上映時刻は今のところ未定だが、今回の上映はいずれも夜(ソワレ)となる。週末はもちろん、平日の仕事帰りに、映画館で観劇を愉しんではみては? なお、オンラインサービス MY Bunkamuraからのチケット購入者にはドリンク半額クーポンがプレゼントとなる。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP