HEADLINE

ニュース

関西の実力俳優陣が生み出すリアルな空気感!演劇ユニットiaku2015秋公演『walk in closet』11月上演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『walk in closet』

関西出身の劇団として、今もっとも注目の高い演劇ユニットiaku。2015秋公演『walk in closet』が、2015年11月13日(金)~16日(月)、兵庫・伊丹 AI・HALLにて、11月20日(金)~22日(日)東京・吉祥寺シアターにて上演される。本作は、2013年6月上演の『流れんな』以来の新作本公演となる。

関連記事:こちらも関西を中心に活躍しています!劇団Patchがついに演劇の聖地へ!Patch stage vol.7『幽悲伝』12月開幕

iakuは、2012年より活動をスタート、今年で活動4年目を迎える劇作家・横山拓也による演劇ユニット。立ち上げ当初から全国的な巡演と他地域との交流を深めることを活動の指針とし、『人の気も知らないで』『エダニク』『流れんな』『目頭を押さえた』の計4作品を11都道府県で上演してきた。
作風は、アンタッチャブルな題材を小気味良い関西弁口語のセリフで描き、他人の議論・口論・口喧嘩を覗き見するような会話劇で、ストレートプレイの形態をとる。この対話の中に見える大阪の「言葉」と「間」には、文化や生活が臭い、地方都市のリアリズムを浮かび上がらせる。

本作で焦点が当てられるのは“セクシャル・マイノリティ(性的少数者)”。横山は企画意図について、「ニュース等で、その取り上げられ方から社会的理解が進む一方、いわゆるオネエタレントなどのもてはやされ方を見ると、隠れた差別意識がはびこっているようにも思う。誰の視点で描けば、その秘められた差別意識を鮮やかに浮か上がらせることができるのかを考え、私は「母親」の視点を選んだ。母親の視点の物語、家族の物語とすることで、このセクシャル・マイノリティの問題を普遍化できるのではないかと考えた。今回は、「息子がゲイかもしれない」という事実に直面した母親の視点から、“自分の遺伝子がここで断たれる”という感覚を描き、「事象」への距離感や想像力を問う作品にしたい」とコメントしている。
出演は、林英世、池之上頼嗣(劇団ひまわり)、や乃えいじ(PM/飛ぶ教室)、岸本奈津枝、緒方晋(The Stone Age)、橋爪未萠里(劇団赤鬼)、福谷圭祐(匿名劇壇)ら。関西の優れた俳優を招いての公演となる。

“答え”が明確ではない題材を取り上げ、作品中で徹底的に議論する“ディスカッション劇”をぜひ体感してほしい。
iaku新作公演『walk in closet』は、2015年11月13日(金)~16日(月)まで伊丹 AI・HALLにて、11月20日(金)~22日(日)まで吉祥寺シアターにて上演。

(文/エンタステージ編集部)

walk in closet

作品情報walk in closet

  • 公演:
  • キャスト:林 英世、池之上頼嗣、や乃えいじ、岸本奈津枝、緒方晋、橋爪未萠里、福谷圭祐

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP