HEADLINE

ニュース

「時を超えた上演の続き」を…シャトナー of ワンダー#3『ロボ・ロボ』2016年1月上演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボ・ロボ

大胆な演出アイデアと“パワーマイム”と呼ばれる独特な肉体表現で、想像の先をゆく演劇作品を作り続ける演出家・西田シャトナー。その西田の新旧自作を上演するプロジェクトとして、2014年に立ち上げられたSHATNER of WONDERの第3弾『ロボ・ロボ』が、2016年1月16日(土)より東京・天王洲 銀河劇場 にて上演されることが決定した。

関連記事:西田シャトナー演出の大人気ミュージカル『弱虫ペダル』の情報はこちら

西田は、腹筋善之助や佐々木蔵之介を輩出した惑星ピスタチオ(2000年解散)の座付作家・演出家として活躍し、現在は『弱虫ペダル』シリーズの演出を務めていることでも知られる。SHATNER of WONDERでは、これまでに2014年8月に#1として同作『ロボ・ロボ』を、2015年8月に#2として『小林少年とピストル』を上演してきた。

上演に向けて、西田は「古い哲学の議題に、こういうものがあります。…誰もいない森の奥深くで、大樹が倒れた。その時、大樹の倒れる音ははたして鳴ったことになるのか、それとも鳴ってはいないのか…。この根源的な問いについて考えながら、28歳の時に書いた戯曲が、『ロボ・ロボ』です。2014年に上演した#1『ロボ・ロボ』から続投してくれる2人の俳優をはじめ、今回も力のある7人のキャストが集まってくれました。再演ではなく、前回の上演から引き続き作品を深め、時を超えて上演を続けてゆく、そんな作品にしてまいります。ご期待ください」と、コメントを寄せている。

出演は、玉城裕規、小澤亮太、佐藤流司、荒木健太朗、山川ありそ、根本正勝、村田充。根本と村田は、第1弾に続いての出演となる。

75分間ロボットマイムで演じ切る、人間のいない世界で起こる小さな奇跡の物語―。キティエンターテインメント・プレゼンツ SHATNER of WONDER #3『ロボ・ロボ』は、2016年1月16日(土)から1月24日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

シャトナー of ワンダー#3『ロボ・ロボ』

作品情報シャトナー of ワンダー#3『ロボ・ロボ』

上演時間のすべてを、ロボットマイムで演じ切る。人間のいない世界で起こる小さな奇跡の物語―

  • 公演:
  • キャスト:玉城裕規、小澤亮太、佐藤流司、荒木健太朗、山川ありそ、根本正勝、村田充

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP