HEADLINE

ニュース

瀬戸康史が俳優生活10周年の想いを語る!Dステ17th『夕陽伝』記者会見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

003649.jpg

ワタナベエンターテインメントに所属する俳優で構成される俳優集団D-BOYS。そのユニット公演第17回公演となるDステ17th『夕陽伝』が、2015年10月22日(木)に池袋・サンシャイン劇場にて開幕する。今回、D-BOYSの中心メンバーである瀬戸が3年半ぶりに出演するということもあり、大きな注目を集めている作品だ。この話題作から、本公演を控えた2015年10月14日(水)、都内にて公開稽古と記者会見が行われ、主演の瀬戸康史、宮崎秋人、小芝風花、遠藤雄弥、山本亨、そして演出を手掛ける岡村俊一が登壇した。

関連記事:Dステ17th『夕陽伝』瀬戸康史インタビュー「昔も今も変わらない愛の形を楽しんでください!」

『夕陽伝』記者会見

主人公・海里(かいり)を演じる瀬戸は「本作は兄弟、親子、そして恋愛の物語のような心情を描かれつつ、殺陣のシーンがかなりあるので、そこはかなりの見どころかなと思います」と本作についてコメント。また、稽古中は生傷が絶えないらしく、「皆どこかしら痛めているんですが、そこをチームワークで乗り切っています」と舞台裏の苦労を明かした。

『夕陽伝』記者会見

2015年10月にD-BOYSに加入したばかりという宮崎は「(D-BOYSとして)初の仕事がDステということで、D-BOYSになるからにはカンフル剤にならなきゃいけないなと思いながら臨んでいます」と意気込んだ。海里の弟・都月(つづき)役として、Dステ初参加にして瀬戸と共演することについて聞かれると、「プレッシャーはありますけど、舞台の上では先輩後輩関係なくやっているので、自分はやるだけだなと思っています」と胸の内を語った。さらに「瀬戸くんみたいな役者になりたいと思います!」とコメントすると、「めっちゃ棒読み!」と瀬戸からのツッコミが入り、会場から笑いが起こる一幕も。

『夕陽伝』記者会見

海里と都月の父・凪大王(なぎのおおきみ)を演じる山本、D-BOYSとの初共演については「最初の稽古から本当に熱く、パッションのある方ばかり。皆さん演劇が、舞台が本当に好きなんだなと。立ち回りなんかも覚えるのが早くて、普段から相当訓練しているんじゃないかな。俳優として末恐ろしい」と称賛の言葉を贈った。

『夕陽伝』記者会見

本作が初の舞台作品出演となる小芝。今作では先輩俳優、しかも男性ばかりの現場に当初は困惑したそうだが、「いざ入ってみると皆さん優しくて、すごく雰囲気がよくて、毎日稽古に行くのが本当に楽しいです」と笑顔を見せ、自身が演じる陽向(ひなた)の役どころについては「陽向をきっかけに大和の国がワーっとなってしまうので、陽向の想いが海里に届くように、そういうのをちゃんと意識しながら頑張りたいと思います」と語った。

『夕陽伝』記者会見

8月に子どもが生まれたばかりという遠藤は、本作でも陽向の父・猿美弥(えみや)を演じていることに触れ、「日に日に、瀬戸康史とか(宮崎)秋人と仲良くなる姿を目の当たりにして、胸がざわつく」と冗談交じりに語った。また、もし子どもができたら娘が欲しいと話した瀬戸に対して「可愛いよ」と嬉しさを滲ませていた。

『夕陽伝』記者会見

今回、初めて瀬戸の出演作を手掛ける岡村は、「テレビで見ると神経質な男なんじゃないかと思っていたんですけど、実は相当柔らかで色っぽい。今回も色っぽい仕上がりになっています」とその印象を語った。注目の殺陣の稽古については「皆バラバラの仕事で会っているメンバーなので呼吸も合わせやすく、どんどん出来上がっていって楽しかったです」と満足げな笑顔を浮かべた。

『夕陽伝』記者会見

また、今年で俳優生活10周年を迎えた瀬戸。「あっという間だったなというのが正直な感想です。映像の仕事もやらせてもらっているんですけど、舞台というのが自分にとっては凄く大事なもので、共演者やスタッフの方と一緒にいる時間がこんなに長いのは舞台ならではですし、舞台上の僕らとお客さんの空気感が合わさって作品が成立するというところも魅力の一つだと思います。舞台に出る前までは不安もありますけど、一回舞台に出たら本当に楽しすぎてやめられないです」と舞台作品に懸ける思いを語った。

最後には「今回、神話の話なんですけど、人間同士の関係を描いた作品になっています。苦しいとか、辛いとか、そういうものを乗り越えてでも頑張ろうとするがむしゃらさや泥臭さが溢れている。それを劇場へ体感しに来て欲しいと思います。よろしくお願いします」と、瀬戸が見どころを語り、会見を締めくくった

関連記事:Dステ『夕陽伝』脚本/末満健一インタビュー!「もう後戻りができない現代を描く」

『夕陽伝』記者会見

会見の前に行われた公開稽古では、Dステ史上最大と言われる大勢のキャストが入り乱れての殺陣が行われ、まさに「圧巻」という言葉がふさわしい仕上がりとなっていた。本番ではさらにこの倍の量が繰り広げられるとのことで、より一層期待が高まる。また、物語のクライマックスに近いシーンも披露され、瀬戸や宮崎の真に迫る演技に、わずかな時間にも関わらず、思わず胸を熱くさせられた。

いよいよ公開が近づいてきたDステ17th『夕陽伝』は、2015年10月22日(木)~11月1日(日)まで池袋・サンシャイン劇場にて、11月21日(土)、22日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

宮崎秋人の「崎」は正式には「大」が「立」の旧漢字。

(文/エンタステージ編集部)

夕陽伝

作品情報夕陽伝

「あの夕陽の沈む向こうには明日がある―」 終わらぬ夕暮れの先に未來を望む伝奇青春綺譚。

  • 公演:
  • キャスト:瀬戸康史、宮崎秋人、小芝風花、鈴木裕樹、荒井敦史、池岡亮介、前山剛久、高橋龍輝、遠藤雄弥、山本亨、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP