HEADLINE

ニュース

名作の再演から萩尾望都作品の連鎖公演も決定!劇団スタジオライフ30周年記念公演下半期製作発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタジオライフ下半期製作発表

脚本と演出を手掛ける倉田淳を除き男性だけで構成され、女性ファンを中心に絶大な支持を集める劇団スタジオライフ。創立30周年を迎え、上半期には『大いなる遺産』『夏の夜の夢』『アドルフに告ぐ』を上演し、好評を博した。その同劇団が、10月7日(水)に「30周年記念公演下半期製作発表」を行い、『PHANTOM THE UNTOLD STORY』の再演を発表した。

関連記事:劇団スタジオライフが創立30周年に贈る壮大な叙情詩!ミュージカル『PHANTOM THE UNTOLD STORY』、11月より再演決定!

スタジオライフ下半期製作発表

『PHANTOM THE UNTOLD STORY』は、ガストン・ルルーの「オペラ座の怪人」にインスパイアされて書かれたスーザン・ケイの「PHANTOM」を原作に、今まで語られることのなかった怪人—人間エリック—の人生が描かれる。たった10m四方の空間が時を超え場所を超え、エリックの生きた全ての世界を創り出す。2011年に前編(PartI)を翌2012年に後編(PartII)が上演されており、今回の再演では前後編を同期間に連続上演する。

倉田は、「本に出会って10年以上温めていた」作品であると言及。エリックが生れ落ちた片田舎からオペラ座をどう表現していいのか、悩みを抱えたままロンドンに行った際、マット・キンリーの映像・美術に出会い、オファーを快諾してもらったことから初演が実現したという経緯を説明した。

スタジオライフ下半期製作発表

再演に際して、主人公エリックを務める山本芳樹は、「エリックの生涯を演じられるのは役者としてすごく幸せなことなので、大切に大切に演じていきたい」と思いを語る。
一方、ダブルキャストとして「PartI」でエリックの幼少期を演じる松本慎也は、「役と作品に真摯に向き合って、自分にしかできないエリックを探したい」、「PartII」でエリックを演じる笠原浩夫は、「こんなに魅力ある役はないと思います。真摯に力を抜いてやらせていただきたい」とそれぞれ意気込みを語った。

スタジオライフ下半期製作発表

また、この日の会見では、漫画家の萩尾望都原作の『トーマの心臓』『訪問者』『湖畔にて』の3作品の連鎖公演も発表された。この日、会見に続いて行われたトークショーで萩尾は、20年に渡るスタジオライフでの上演を振り返り、「いろいろな時代を感じます。『トーマの心臓』を始めたばっかりの手探りで探っていく状態はすごく新鮮でした。でも、倉田さんの舞台に対するビジョンや視点が変わらないので、安心して変化のバリエーションを楽しんでいます」と舞台化に対する思いを明かした。

スタジオライフ下半期製作発表

スタジオライフ『PHANTOM THE UNTOLD STORY』は、2015年11月11日(水)~12月7日(月)に新宿シアターサンモールで上演。萩尾望都作品連鎖公演『トーマの心臓』『訪問者』『湖畔にて』は、2016年2月25日(木)~3月13日(日)にシアターサンモールで上演。

写真1枚目:(前列左から)脚本・演出の倉田淳、萩尾望都(後列左から)曽世海司、久保優二、山本芳樹、笠原浩夫、松本慎也、関戸博一
写真5枚目:萩尾望都がスタジオライフをイメージして描き下ろしたイラスト。中心には『トーマの心臓』の主人公たちが描かれている。

(文/エンタステージ編集部)

スタジオライフ『PHANTOM THE UNTOLD STORY』

作品情報スタジオライフ『PHANTOM THE UNTOLD STORY』

  • 公演:
  • キャスト:山本芳樹、松本慎也、関戸博一、笠原浩夫、曽世海司、久保優二、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP