HEADLINE

ニュース

幸せな余韻に酔いしれる!ミュージカル『TOP HAT』公開ゲネプロレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『TOP HAT』公開ゲネプロ

2013年のオリヴィエ賞で3冠に輝いたイギリス産ミュージカル、『TOP HAT』の来日公演が2015年9月30日(水)、東急シアターオーブで開幕した。原作は、ハリウッドでミュージカル映画の黄金期を築いた史上最高のダンスコンビ、フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースが主演した1935年の同名映画。2011年に初めて舞台化されて以降、2度の国内ツアーとウエストエンド公演でイギリス中の観客を虜にしてきた作品の、初の国外公演となる。今回は、その初回公演の直前に行われた公開ゲネプロの模様をお伝えしよう。

関連記事:大ヒットミュージカル映画の舞台版『TOP HAT』、主演キャストが初来日!圧巻のパフォーマンスで魅了

『TOP HAT』公開ゲネプロ

ブロードウェイで活躍するミュージカルスターのジェリーは、ウエストエンドの舞台に立つためにやってきたロンドンで、同じホテルに宿泊していたモデルのデイルにひと目惚れ。デイルもまたジェリーに心惹かれていくのだが、ひょんな行き違いから、彼を旧友の夫だと思い込んでしまう。怒りと傷心のあまり旅立ったデイルを追って、ジェリーもヴェネツィアに向かうのだが……。

『TOP HAT』公開ゲネプロ

映画版でフレッドが演じたジェリー・トラヴァース役を演じるのは、本作のウエストエンド公演オリジナルキャストのアラン・バーキット。今なお天才ダンサーとして語り継がれるフレッドと同じ役を演じるという重責を担いながらも、そんな緊張は一切感じさせない。タップダンスや社交ダンス、クラシックバレエをミックスした“アステア・スタイル”と呼ばれる複雑なダンスを実に楽しげに、そして軽やかに披露している。

『TOP HAT』公開ゲネプロ

そして、ヒロインのデイル・トレモント役を演じるのはシャーロット・グーチ。常に前向きで明るいジェリーに対し、時に傷つき、悩み、怒ったりと多彩な表情を見せるデイルを、抜群の演技力と歌唱力で感情豊かに演じていた。

『TOP HAT』公開ゲネプロ

お互いに「ほかのパートナーと組むことはもう考えられない!」と語るほど相性が良いという二人は、その言葉を裏付けるようにピッタリと息の合ったコンビネーションを披露。特に、本作のハイライトのひとつ「CHEEK TO CHEEK」で見せるペアダンスは、互いの脚が、腕が、全く同じタイミングと角度でシンクロする圧巻のシーンだ。

『TOP HAT』公開ゲネプロ

主演の二人の他にも、デイルの旧友・マッジ(ショーナ・リンゼイ)や、その夫でありジェリーとデイルの出会いのきっかけともいえる演劇プロデューサー・ホレス(クライヴ・ヘイワード)と変わり者の従者・ベイツ(ジョン・コンロイ)、デイルに恋心を抱くイタリア人ファッションデザイナーのアルベルト(セバスチャン・トルキア)など、コミカルで個性的なキャラクターたちが登場し、物語をより豊かにしている。

『TOP HAT』公開ゲネプロ

ふたりのロマンティックかつコミカルな恋模様が、アーヴィング・バーリンの名曲の数々、そして心躍る華やかなダンスによって綴られていく。随所に散りばめられたユーモアにも毒気は一切なく、舞台を観終えた後に残るのは、純粋な「幸福感」だ。

関連記事:力強い歌声から軽快なタップダンスまで!ミュージカル『TOP HAT』出演者が圧巻のパフォーマンスを披露!

奇抜な演出や、ラストの大どんでん返しなどの仕掛けはないが、そういったものの必要性を全く感じさせないのは、作品を構成する要素の一つひとつが非常に高いクオリティを持っているが故だろう。

古き良き時代の傑作ミュージカル映画を現代に蘇らせた、ミュージカル『TOP HAT』は、10月12日(月・祝)まで東京・東急シアターオーブ、10月16日(金)から25日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールで上演。

(文/エンタステージ編集部)

TOP HAT

作品情報TOP HAT

  • 公演:
  • キャスト:英国版キャスト

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP