HEADLINE

ニュース

映画『ピースオブケイク』劇中劇が舞台化!劇団鹿殺しが仕掛ける『ツチノコの嫁入り』とは!?公開ゲネプロレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ツチノコの嫁入り』

多部未華子・綾野剛主演の映画『ピース オブ ケイク』の公開を記念して、劇中劇団【劇団めばち娘】が旗揚げ、2015年9月17日(木)より、渋谷のCBGKシブゲキ!!にて公演を行っている。朝倉ジョージの原作、田口トモロヲ監督の映画では数シーンしか描かれていなかった舞台『ツチノコの嫁入り』が、若手実力派劇団鹿殺しの丸尾丸一郎作・演出のもとで現実世界に立ち上がったのだ。漫画と映画から生まれた大胆なリアル演劇、その公開ゲネプロと会見を覗いてきた。

関連記事:今秋公開の映画「ピース オブ ケイク」の劇中劇が、山本裕典ら個性溢れる面々でリアル舞台化!

『ツチノコの嫁入り』

映画版では松坂桃李が扮したオカマの看板俳優・天ちゃんを演じるのは山本裕典。マスコミ取材では「歌はNGだったんだけど……」と言っていたものの、舞台上ではマイクを握りしめ、力強い歌声を披露。下着が見えそうなほどのミニスカートと細いハイヒールで、バットを振り回したりと大立ち回りを演じている。

『ツチノコの嫁入り』

『ツチノコの嫁入り』では、オカマの天ちゃんは恋人の薔薇ノ介(丸尾丸一郎)と倦怠期気味。一方、青年ツチヤカズノコ(千葉=阿部丈二)は、引きこもりの鬱屈を抱えており……。この二人が出会う時、ツチノコの人類への復讐劇が始まる。幻の生物ツチノコを巡って、さまざまな人々の愛憎が入り乱れるスペクタクル演劇。歌って踊って脱いで悶えて、笑いとエネルギーのほとばしる1時間50分だ。

『ツチノコの嫁入り』

メインキャストである劇団座長の千葉は、映画では銀杏BOYZの峯田和伸が演じている。今回の舞台版では、阿部丈二(劇団キャラメルボックス)が同キャラクターに扮し、劇中では全身でモテない引きこもりを演じる。その堂々たる気持ち悪さは、むしろ爽快感を感じさせるほどだ。

『ツチノコの嫁入り』

それぞれが、未確認生物ツチノコに魅せられ、ツチノコを求めて対立する。それは人間たちの意志なのか、ツチノコに操られているのか……「ツチノコ」とはいったい何なのか、考える間もなく加速した舞台の熱に客席は飲み込まれていく。

『ツチノコの嫁入り』

シリアルアイドル役の、元アイドリング!!のフィンチーも、美声と美脚を披露し、舞台に花を添えた。

『ツチノコの嫁入り』

劇団鹿殺しではおなじみ、菜月チョビが息子のためにツチノコを捕らえようとする母親を、丸尾は山本演じるオカマの天ちゃんの恋人を演じ、豪快でパワフルな舞台を勢いづける。下ネタ、大音響、歌、ダンスが入り交じり、途切れないテンションに客席は圧倒されてしまう。

関連記事:アフタートークイベントが決定!映画『ピース オブ ケイク』劇中劇の舞台化『ツチノコの嫁入り』

『ツチノコの嫁入り』

会見で作・演出・出演の丸尾は「どこまでもフザけていいよって言ってもらえた。観る人によっては深い、人によっては浅い舞台」と、本作についてコメント。
劇団鹿殺しに初参戦した山本は「チラシ撮影の時は知らないところに来て、知らない24人に囲まれてビビっていました」と言いつつも、「いっぱい悩みましたが、楽しんでいます」と堂々と答えた。

映画と漫画から生まれた奇跡の劇団公演!劇団めばち娘『ツチノコの嫁入り』は、2015年9月17日(木)~27日(日)まで、CBGKシブゲキ!!にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

ツチノコの嫁入り

作品情報ツチノコの嫁入り

  • 公演:
  • キャスト:山本裕典、阿部丈二、菜月チョビ、丸尾丸一郎、橘輝、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP