HEADLINE

ニュース

実際の事件を基にした話題作!『バグダッド動物園のベンガルタイガー』日本初上陸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『バグダッド動物園のベンガルタイガー』

「酔ったアメリカ兵がトラを射殺─」2003年にバグダッド動物園で実際に起きた事件に着想を得て書かれた、アメリカの劇作家ラジヴ・ジョセフによる話題作『バグダッド動物園のベンガルタイガー』が、2015年12月8日(火)より新国立劇場で上演される。2009年に初演され、その年のピュリッツァー賞にノミネート、さらに2011年にはロビン・ウィリアムズ主演でブロードウェイ初演されたことも話題を呼んだ本作だが、今回が日本での初上演となる。

関連記事:こちらも新国立劇場で10月16日(金)開幕!井上芳雄主演ミュージカル『パッション』制作発表レポート

空爆によって破壊されたバグダッド動物園、ベンガルタイガーの檻の前。ふざけあっていた警護のアメリカ兵が、腹をすかせたトラに手を噛みちぎられる。トラは即座に別の兵士に撃ち殺されるが、幽霊となって撃った兵士に取り憑く。取り憑かれた兵士はやがて精神に異常をきたし、自殺。これまた幽霊となり、義手をつけた元相棒に取り憑く。トラの幽霊、アメリカ兵の幽霊、さらにはサダム・フセインの二人の息子の幽霊、殺された女の子の幽霊……幽霊と現実を生きる人間とがないまぜとなり、バグダッドに渦巻く欲望と残虐さがあらわになっていく。

射殺されたトラが幽霊となって街をさまよい歩き、自分を殺した兵士に取り憑く、という荒唐無稽な物語展開でありながら、イラク戦争によって引き起こされた人々の狂気、憎しみ、欲望が深く、かつシュールに描かれるこの作品は、実際のできごとからフィクションの世界へ大きくジャンプし、またそこから現実を照らし出す、そのふり幅の大きさが魅力となっている。

本作の演出を手掛けるのは、TRASHMASTERSで作・演出をつとめる中津留章仁。本作を手掛けるにあたり「現代演劇は娯楽的価値と芸術的価値に特化した作品の二つに分類される傾向にある。しかしながら、娯楽=金(経済)という図式が構築される前に、人間は永い年月をかけて芸術=娯楽の関係をつくった。思想に触れる喜びも、ある。この二つを区別する必要はあるのか?国立の劇場で、再度、日本人に問う」と、挑戦的な作品になることを予感させるコメント。骨太な社会派作品を数多く世に送り出してきた中津留が、世界の問題をどう捉え、どう表現するのかもみどころだ。

気になるキャストだが、ベンガルタイガー役を、テレビドラマなどで活躍する杉本哲太が、そしてトラを撃ち殺すアメリカ兵を、舞台『ベターハーフ』に出演の風間俊介が演じる。そのほか、劇団イキウメの安井順平や、舞台、映画などで幅広く活躍する谷田歩といった実力派俳優達が脇を固める。
偶然にも、演出の中津留と主演の杉本、風間の3名はそろって、今回が新国立劇場初登場となる。初めてのこの舞台でどのような作品が生まれるのか楽しみにしたい。

舞台『バグダッド動物園のベンガルタイガー』は新国立劇場にて、2015年12月8日(火)~27日(日)まで上演。また、12月17日(木)の公演終了後は、中津留や杉本、風間ら出演キャストが登壇する「新国立シアタートーク」が行われる。本公演チケット(他日券・半券可)の提示で入場できるので、こちらもぜひチェックを。

(文/エンタステージ編集部)

バグダッド動物園のベンガルタイガー

作品情報バグダッド動物園のベンガルタイガー

「酔ったアメリカ兵がトラを射殺─」実際に起きた事件を基に描かれたピュリッツァー賞ノミネートの話題作

  • 公演:
  • キャスト:杉本哲太、風間俊介、安井順平、谷田歩、粟野史浩、クリスタル真希、田嶋真弓、野坂弘、新国立劇場

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP