エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『MAD MEN マッドメン』ジョン・ハム、舞台『Marjorie Prime』に出演!?

1960年代のニューヨークの広告代理店を舞台にしたドラマ『MAD MEN マッドメン』で、主役ドン・ドレイパー役を演じたジョン・ハム。今年2015年5月、米AMCにてシリーズ終了を迎えたジョンが、ロサンゼルスで上演予定の舞台『Marjorie Prime』に出演するのでは!? と報じられている。

関連記事:『MAD MEN』エリザベス・モスと『Orange Is the New Black』ジェイソン・ビッグス、ブロードウェイで共演!

米DEADLINEによると、『Marjorie Prime』は、ジョーダン・ハリソンによる、2015年ピューリッツァー賞フィクション部門にノミネートされたSF小説。本作の主人公は、元バイオリニストのマージョリー。老齢の域に達し記憶が曖昧になってきた彼女は、過去を忘れないために、ホログラフで亡き人々を映し出すサービスを利用するようになる。こうしてマージョリーは、ホログラフ・イメージの亡き夫ウォルターと一緒に過ごすようになるのだが…というストーリー。ホログラフのウォルターの年齢は30~40代の設定とのことで、本作にジョンに出演することになれば、ウォルター役を演じることとなるようだ。

映画『ハムレット』や『メビウス』で監督・脚本を手がけたマイケル・アルメレイダが脚色と演出を手掛ける『Marjorie Prime』は、2015年10月からプロダクションが開始され、センター・シアター・グループにて上演される予定。現在、日本で大ヒット上映中のアニメ映画『ミニオンズ』で、ジョンはハーブ・オーバーキル役の声優として出演している。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全0枚)

関連タグ

関連記事

トップへ戻る