HEADLINE

ニュース

劇団☆新感線35周年オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』、今冬WOWOWにて放送決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『五右衛門vs轟天』

大阪、東京を爆笑の渦に巻き込み、本日9月3日に大千秋楽を迎えた、劇団☆新感線35周年 オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』。「The Best of 新感線」と賞賛された本作が、今冬早くもWOWOWで放送されることがわかった。

関連記事:劇団☆新感線の二大人気キャラ「五右衛門」「轟天」を大紹介!

結成35周年を迎えた劇団☆新感線。“面白いモノ”を探求する姿勢は常にぶれることなく、どの公演でも観客に楽しみと驚きを提供し、喝采を浴びてきた。そんな彼らが35周年記念公演として上演したのが本作。
少し未来の時代。Dr.チェンバレン率いる極悪シンジケート、ブラックゴーモンの画策で、世界の平和は危機的な状況にあった。彼らを追うセイント死神らインターポール(国際警察)は、一味に石川五右衛門のDNAが伝わっていると知る。折から下着泥棒で捕まった剣轟天の能力を使用し、ブラックゴーモンの先祖である五右衛門を撲滅するためのミッションを遂行する。
轟天はスーパーインターポールの捜査官、アンドリュー宝田とともに、400年前へとタイムトリップ。二人はそこで五右衛門のみならず、女盗賊の真砂のお竜や、フランスに帰れないまま森で暮らすマローネ・ド・アバンギャルドらを巻き込み、大騒動を繰り広げる。

今回の最大の注目点はこれまでの作品に登場した人気キャラクターが続々登場するところ。中でも大泥棒・石川五右衛門と変態格闘家・剣轟天の夢の共演は35周年の記念公演ならでは。五右衛門は古田新太が、轟天は橋本じゅんが、それぞれ三度にわたり演じてきた当たり役。ゲストに新感線三度目の出演となる松雪泰子、5年ぶり11度目の出演の池田成志、初出演の賀来賢人を迎え、新感線の魅力がふんだんにちりばめられた、まさにお祭り気分に浸れる公演が再び開幕だ!

関連記事:劇団☆新感線、35年分の汗とバカと情熱が詰まった大博覧会「大☆新感線博」を開催!

祝劇団結成35周年!史上最強の濃~いキャラクターによるアクション爆笑活劇、劇団☆新感線35周年オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』は今冬WOWOWにて放送。

(c)2015『五右衛門vs轟天』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線

(文/エンタステージ編集部)

五右衛門vs轟天

作品情報五右衛門vs轟天

旗揚げから35年。新感線の二大人気キャラ―五右衛門と轟天―が雌雄を決する!(かどうかは定かではない)

  • 公演:
  • キャスト:古田新太、橋本じゅん、松雪泰子、池田成志、賀来賢人、高田聖子、粟根まこと、右近健一、河野まさと、逆木圭一郎、村木よし子、インディ高橋、 山本カナコ、礒野慎吾、吉田メタル、中谷さとみ、保坂エマ、 村木仁、川原正嗣、冠徹弥、教祖イコマノリユキ、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP