HEADLINE

ニュース

宝塚退団後のファーストコンサート開催。多彩な表情で魅せる!壮一帆firstコンサート『Feel SO Good』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

壮一帆firstコンサート『Feel SO Good』

昨年8月、宝塚歌劇団を退団した壮一帆が、8月5日(水)~9日(日)東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、8月28日(金)~29日(土)、大阪・サンケイホールブリーゼにてファーストコンサート『Feel SO Good』を開催。ミュージカルナンバーや歌謡曲などを華麗に歌い上げ、スタリッシュなダンスも披露。現在の等身大の壮の姿が堪能できるステージとなった。

関連記事:元宝塚雪組トップスター・壮一帆が、退団後初コンサートを開催!

壮一帆firstコンサート『Feel SO Good』

ゴールドの衣裳に身を包んだ壮が登場すると客席から拍手が。生バンドのスタイリッシュな演奏に合わせ、『If We Hold On Together』で初コンサートの幕が上がった。前半は、ミュージカルナンバーを中心とした楽曲を力強く、ときにしっとりとした歌声で聞かせた。ミュージカル・メドレーではショートパンツ姿や、『I Gotcha』(『ライザ・ウィズ・ア・Z』より)では背中が開いたセクシーな衣裳で登場しフォッシーダンスを見せ、宝塚時代では見られなかった新たな一面にファンは大喜びだった。「ファンの皆さんの温かい応援を糧に、頑張ります」と壮。

壮一帆、村井國夫『Feel SO Good』

今回の公演には、所属事務所の先輩でありミュージカル界の大先輩でもある村井國夫が“父親役”としてサポート出演。夢を追い親元を離れた娘が、新たなステージに進む姿を温かく見守る父の姿がアクセントとなっていた。ときに初コンサートに緊張する壮をジョークを交え和ませる一幕も。二人は『ミー&マイガール』でジョン卿を演じた共通点があり、同作のナンバー『愛が世界を回してる』をデュエット。客席も手拍子で参加し劇場が一体となって盛り上がっていく。

壮一帆firstコンサート『Feel SO Good』

ハリウッドメドレーでは、マリリン・モンローをイメージさせるスタイルから、映画『ターミネーター』の曲に乗せて“最強”ぶりをコミカルに見せる。「熱血教師が似合うかも?」という、村井パパの振りで、学生役のダンサーを引き連れジャージ姿で『学園天国』を披露する場面では、普段の壮らしい明るいキャラクターを想像させたり、再び村井とデュエットした『パパみたいに』(『エリザベート』より)では、透明感ある歌声で魅了。さらには、白無垢姿で歌うという思いがけない演出も。

7月に発売された、宝塚元男役トップスターによる昭和歌謡のカバーアルバム『麗人REIJIN-Showa Era-』に参加している壮。収録曲の『黒い花びら』で低音の歌声を響かせた後、ステージは昭和歌謡サロンに変身。サロンにふらっと訪れた日替わりゲストが、ママ役の壮と昭和の名曲をデュエットする。初日のゲストは石井一孝。『ロンリー・チャップリン』を息のあった歌声で楽しませた。そして、『So In Love』(『キスミー,ケイト』より)でコンサートは幕を下ろした。

壮一帆firstコンサート『Feel SO Good』

関連記事:壮一帆出演、元宝塚歌劇団トップスターたちが“昭和歌謡”を熱唱!『麗人 REIJIN-Showa Era-』発売記念コンサート前夜祭

構成・演出に荻田浩一、音楽に立川智也、振付に大澄賢也、ANJUという豪華スタッフが集結。新生“壮一帆”の門出を後押しした。最後に壮は、「これからの壮一帆を少しでも感じていただけるように、心を込めてこの後の公演も頑張ります」と挨拶。そんな彼女に応えるかのように、客席からは拍手が長く続いた。今回のコンサートで等身大でありながら、多彩な表情を見せた壮。来年4月にはトニー賞5部門を受賞したミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』に出演することが発表されている。今後もますますの活躍が期待できるファースト・コンサートとなった。

撮影:斎藤清貴

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP