HEADLINE

ニュース

中島らも幻の名作をG2が演出『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について~』上演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について』

不世出のストーリーテラー中島らも。その名前を新たに刻み付ける幻の傑作戯曲『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について~』が、2015年11月7日(土)より東京・Zeppブルーシアター六本木で開幕する。中島らもが旗揚げした劇団リリパットアーミー以外で唯一戯曲を演出する事が許されたG2が演出を手掛ける。

関連記事:“カビ人間”役に佐藤隆太が挑む!G2演出『ダブリンの鐘つきカビ人間』待望の再演決定

時は昭和16年。とあるサーカス団が軍隊へ慰問するなか、その慰問が適正かどうかを視察する一行がやってくる。時代はいよいよ日本が第二次世界大戦に突入しようとしている時、場所は満州の新京。間違っても敵性語を使用してはならない。
「サーカスではない、曲馬団だ」「士気を鼓舞するための慰問だ」見世物が終わって、視察団のもとに集まってくる曲馬団に「そういえばここには動物はいるのか?」と問う視察団。
日本国中が食べ物を制限している中、餌をやることに不服をぶつけられ、曲馬団の連中は思わず「餌を食わない動物もいるんですよ」餌を食わない動物なんているはずがない!と息巻く視察団のもとに連れてこられた一頭の動物がベイビーさんだった・・・。

小説・エッセイ・脚本はもとより、講演・ライブ活動と多岐に渡って活動した中島らも。2004年に急逝した後もその人気は衰えず、2012年パルコ劇場で『こどもの一生』が上演された際も、中島らものファンが多く来場。今なお続くその人気の凄さを見せつけた。ミュージカルからストレートプレイ、コメディーなど様々な作品を手掛けるG2が、名作をどのように演出するのか期待が高まる。出演は、池田純矢、鈴木勝吾、小須田康人、松尾貴史ほか。

関連記事:舞台に続き、映画公開決定!『ライチ☆光クラブ』池田純矢ら、注目のキャスト発表!!

不世出の天才中島らもの隠れた傑作。没後11年、その栄光に新たに光が当たる。『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について~』は、11月7日(土)~14日(土)東京・Zeppブルーシアター六本木にて公演。チケットは9月26日(土)一般発売スタート。

(文/エンタステージ編集部)

ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について~

作品情報ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について~

不世出の天才中島らもの隠れた傑作。 没後11年、その栄光に新たに光が当たる。

  • 公演:
  • キャスト:池田純矢、鈴木勝吾、小須田康人、松尾貴史

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP