HEADLINE

ニュース

AKB48を卒業した川栄李奈、初舞台で大役に挑む!舞台『AZUMI 幕末編』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

003296.jpg

小山ゆうの傑作コミックを原作に舞台化された『AZUMI 幕末編』が、2015年9月11日(金)より東京・新国立劇場 中劇場で開幕する。本作の主役あずみに、8月4日をもってAKB48を卒業した川栄李奈が大抜擢され、話題となっている。

関連記事:卒業生も現在のAKB48のメンバーも舞台で活躍しています。出演作品をおさらい!

本作は1994年から2008年まで『ビックコミックスペリオール』で連載された「あずみ」の続編で、時代を幕末に移し2014年まで連載された第二部「AZUMI(あずみ)」が原作。激動の幕末時代を、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男達に立ち向かい、たったひとりで強く生きていく少女の姿を描いている。これまで2003年と2005年の映画版で上戸彩が、2005年と2006年に上演された舞台版では黒木メイサがあずみを演じている。

演出は、つかこうへい作品のプロデュース・演出をはじめ、劇団EXILEや明治座公演など数多くの公演を手掛ける演出家・岡村俊一。初舞台の川栄を支える注目のキャストは、幕末の立役者坂本龍馬をNHK朝の連続ドラマ「マッサン」に出演した浅香航大、実の兄駿介を「仮面ライダーオーズ」主演の渡部秀が演じるほか、久保田秀敏、早乙女友貴、町田慎吾、佐藤祐基、岡本あずさ、細貝圭ら、これからの日本の芸能界を背負っていく若い才能が集まった。

関連記事:10月22日からはDステ『夕陽伝』を演出。数多くの公演を成功へ導く演出家、岡村俊一の作品はこちらからチェック!

維新の波に飲み込まれていく幕末の日本を、たった一人の少女がぶった斬る!舞台『AZUMI 幕末編』は9月11日(金)~9月24日(木)、東京・新国立劇場 中劇場にて上演。

(文/エンタステージ編集部)

AZUMI 幕末編

作品情報AZUMI 幕末編

川栄李奈が初舞台で大役に挑む!新しい『あずみ』が幕末の歴史を斬る―。

  • 公演:
  • キャスト:川栄李奈、浅香航大、 渡部秀、久保田秀敏、早乙女友貴、町田慎吾、佐藤祐基、岡本あずさ、細貝圭

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP