HEADLINE

ニュース

超大作漫画『王家の紋章』がミュージカルに!メンフィス役は浦井健治!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『王家の紋章』

「月刊プリンセス」(秋田書店)に1976年から現在もなお連載を続けている、細川智栄子あんど芙~みんの漫画「王家の紋章」が、ミュージカル化され、2016年8月、帝国劇場にて上演されることが発表された。脚本・演出は現在上演中の『ライムライト』の荻田浩一、音楽は『エリザベート』『モーツァルト!』など、数々の名作を手掛けてきたシルヴェスター・リーヴァイが担当する。

関連記事:こちらも少女漫画の金字塔。貫地谷しほり「北島マヤが降りてきてくれたら」舞台『ガラスの仮面』

本作は、現在に生きる少女キャロルが、古代エジプトにタイムスリップ、そこで古代エジプトの若き王メンフィスと出会い―時空を超えた愛とロマンを描く壮大な物語だ。
メンフィス役を演じるのは先日まで『デスノート THE MUSICAL』で夜神月(キラ)を演じ、現在は『トロイラスとクレシダ』に出演する浦井健治。意外にも帝劇初主演となる。そしてキャロル役は、SNH48/SKE48の宮澤佐江と数々のミュージカルで抜群の歌唱力を披露した新妻聖子のWキャストとなる。キャロルをめぐってメンフィスと対立するヒッタイト国の王子イズミル役は俳優・声優としても人気の宮野真守と現在『サンセット大通り』に出演中の平方元基がWキャストで務める。このほか、キャロルの兄・ライアン役には伊礼彼方、メンフィスを深く愛する姉のアイシス役を濱田めぐみ、エジプトの宰相イムホテップは山口祐一郎が演じる。

『王家の紋章』

いずれ劣らぬ豪華キャストで描くミュージカル『王家の紋章』は、2016年8月、東京・帝国劇場にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

王家の紋章

作品情報王家の紋章

少女漫画の金字塔、遂にミュージカル化が決定!

  • 公演:
  • キャスト:浦井健治、宮澤佐江、新妻聖子、宮野真守、平方元基、伊礼彼方、濱田めぐみ、山口祐一郎、 ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP