HEADLINE

ニュース

一瞬も目が離せないノンストップ・クライムサスペンスドラマ『石の繭』、8月放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『石の繭』

2015年8月16日(日)より、WOWOWプライムにて、日曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 石の繭』が放送される。本作は、猟奇殺人事件の犯人と女性刑事の息詰まる攻防戦を描いたノンストップ・クライムサスペンス。監督は刑事ドラマの演出も数多く手掛けてきた内片輝、脚本は『舟を編む』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作が担当する。

関連記事:WOWOWで放送される番組、一度見始めると次々観たくなるんです!たとえばこちら、いかがでしょうか?

リアリティあふれるストーリーに、サスペンス性とアクションを織り込み、警察小説の新機軸を打ち立てた、作家・麻見和史の人気警察小説シリーズ「警視庁殺人分析班」を、今回初の映像化。二転三転する展開、張り巡らされた伏線、ちりばめられたミステリー、そして、事件の驚愕の真相と犯人の真の目的がやがて明かされていくさまなど、原作の世界観を忠実に再現している。

刑事だった父の後を継ぎ、警視庁捜査一課十一係の刑事となった如月塔子。ある日、廃ビルの地下室で、床にセメントで塗り込まれた死体が発見された。その事件の捜査会議が始まるが、その最中に“トレミー”と名乗る犯人から捜査本部に電話が入る。塔子が交渉相手となるのだが、トレミーは殺人に関するヒントを提示しながら警察を愚弄・挑発する。

やがてトレミーから第二の犯行予告の電話が入る。そして予告通り第二の犠牲者が出てしまい、またもセメントで塗り固められていた。犯人の動機は何なのか。なぜセメントにこだわるのか。被害者に共通するものは何か。捜査を進めるうち、犯人の本当の狙いが浮かび上がってくる…。

主演は、映画『イニシエーション・ラブ』に出演したほか、今年4月に連続ドラマ初主演を果たすなど、今注目度抜群の木村文乃。このほか、青木崇高、渡辺いっけい、平岳大、北見敏之、小柳友、古川雄輝、神野三鈴段田安則仲村トオルなど、数々の分野で活躍する実力派俳優たちが集結した。

日曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 石の繭』は、2015年8月16日(日)より、WOWOWプライムにて放送がスタート、毎週日曜22:00から放送。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP