HEADLINE

ニュース

歌舞伎×蜷川幸雄×シェイクスピア『NINAGAWA 十二夜』がついに登場!7月の衛星劇場は尾上菊之助特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『NINAGAWA 十二夜』

『NINAGAWA 十二夜』

歌舞伎、落語といった伝統芸能から演劇まで、バラエティに富んだ舞台を放送しているCSチャンネル衛星劇場。特に歌舞伎は最新舞台から秘蔵映像まで、松竹がほこる作品を毎月20本以上放送している。7月の特選歌舞伎では、尾上菊之助特集が放送される。端正な容姿と清楚な色気で、美しい女方も立役の二枚目もぴたりとはまる人気若手歌舞伎俳優。豪華な拵えの傾城役や、格調が必要な時代物の大役も見事に演じ、圧倒的な存在感をみせる菊之助の魅力をたっぷりと堪能できる。

関連記事:CSチャンネル衛星劇場で放送されたこれまでのステージ情報、ボリューム満点です!ぜひこちらでご確認ください。

演出家の蜷川幸雄と組んでシェイクスピアの名作を歌舞伎化した『NINAGAWA 十二夜』。鏡張りの舞台に歌舞伎ならでは様式美が融合した軽妙洒脱なロマンティック・コメディ。大胆な演出とその話題性で2005年の初演以来好評を博し、2009年にはシェイクスピアの本場ロンドン公演でも大成功をおさめた傑作。菊之助のほか、尾上菊五郎、中村時蔵、市川左團次、中村翫雀(現・鴈治郎)、中村錦之助、市川亀治郎(現・猿之助)、坂東亀三郎、尾上松也らが出演。歌舞伎ファンはもちろん、演劇・ミュージカルファンも見逃せない名作だ。

美しい花魁八ツ橋に扮した菊之助の妖艶な演技が見どころの『籠釣瓶花街酔醒』、僧の安珍に裏切られた清姫が激怒のあまり蛇と化し、道成寺の鐘ごと安珍を焼き殺したといわれる「安珍・清姫伝説」を題材にした、女方舞踊屈指の大曲『京鹿子娘道成寺』が放送予定。また、先月よりシリーズ放送されている『菅原伝授手習鑑』にも出演。祖父・梅幸や父・菊五郎から家の芸を確実に継承しつつ、可能性の大きさを感じさせる菊之助。エンタステージでは菊之助のインタビューも近日公開予定。ぜひお楽しみに!

『籠釣瓶花街酔醒』
『籠釣瓶花街酔醒』

『京鹿子娘道成寺』
『京鹿子娘道成寺』

その他、夏にふさわしい怪談劇『東海道四谷怪談』『真景累ヶ淵~豊志賀の死』も放送。だんだん暑くなってくる7月、歌舞伎で涼を感じてみよう!

『東海道四谷怪談』
『東海道四谷怪談』

詳しい放送情報はCSチャンネル衛星劇場のホームページでご確認を!

(C)松竹株式会社

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP