エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

アダム・ランバート、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の主役を断っていた!

米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』シーズン8の準優勝者で、『Glee』にもゲスト出演していた人気シンガーのアダム・ランバート。ミュージカル『ウィキッド』『ヘアー』にも出演していた舞台出身の彼が、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』(以下『ヘドウィグ~』)の主役を断っていたことを明かしている。

関連記事:『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』は何かと話題にのぼりますね。過去のニュースをこちらからご確認ください。

米Queertyのインタビューを受けたアダムが、『ヘドウィグ~』の主役オファーを蹴った理由を「オファーを受けた時は光栄に思ったよ。だけど、今僕がやりたいことじゃない。素晴らしい役だし、いつかはって思っているけど、週8回も舞台に出演したくないんだ」と述べている。いつも妖艶なアイメイクをしたアダムは、英ロックバンド、クイーンのヴォーカルに大抜擢され、ワールドツアーに参加した実力派シンガーだ。(昨年はサマー・ソニック2014のステージにも登場している)性転換手術を受けた売れないロックシンガー、ヘドウィグがハマり役になりそうなだけに、いつかは実現してほしいキャスティングだ。

現在『ヘドウィグ~』は、『Glee』シーズン5でアダムと共演したダレン・クリスを主役に据えて、ベラスコ劇場にて絶賛上演中。そして、『ヘドウィグ~』はロンドンのウェストエンドでの公演が決定し、上演に向けてキャスティングなどが進行中だ。なお、9月にアダムは、ブラジルで開催されるロックフェスティバル「ロック・イン・リオ」に、メタリカやエルトン・ジョンといった大物アーティストと一緒に出演することが決定している。

関連記事:アメリカのブロードウェイと共にロンドンのウェストエンドも演劇の発信地。ウェストエンドに関連する情報もこちらからお届けします!

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全0枚)

関連タグ

関連記事

トップへ戻る