HEADLINE

ニュース

河原雅彦×中村倫也が人気漫画の舞台化に挑む!残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』12月上演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中村倫也

漫画家・古屋兎丸の最高傑作のひとつと呼ばれている、2006年に刊行された漫画「ライチ☆光クラブ」が舞台化されたのは2012年のこと(木村了中尾明慶らが出演)。原作が持つ退廃的・暴力的な世界観を忠実に具現化した本作は、演劇ファンはもちろん、原作ファンをもとりこにし、チケットは即日完売。追加公演、追々加公演まで行われ、翌2013年には再演を果たし大成功を収めている。あれから2年…2015年12月、まったく新しい『ライチ☆光クラブ』が上演されることとなった。

関連記事:『ライチ☆光クラブ』主演の中村倫也関連の記事はこちらから!本当に振り幅の広い役者さんです。

工場からの黒い煙に覆われた町、螢光町の廃墟に、学生服に身を包んだ少年たちが集う秘密基地「光クラブ」があった。彼らはある「崇高なる目的」のために、“甘美なる機械(マシン)”ライチを創りあげる―。醜い大人になることを拒み、永遠に美しくあることを選んだ少年たちの、幼いが故の純粋で暴力的な欲望と狂気に満ち溢れた世界。今回は歌ありダンスパフォーマンスありの残酷歌劇となる。

本作で演出を務めるのは、鬼才・河原雅彦。『いやおうなしに』『万獣こわい』『時計じかけのオレンジ』など、アクの強い作品を次々と手掛けてきた河原が、本作をどう創りこむか。
そして主演を務めるのは『HISTORY BOYS』以来、約一年ぶりの舞台となる中村倫也。『HISTORY BOYS』で見せた生真面目な教師役から『フルモンティ』『ロッキー・ホラーショー』の個性的な役、映画『やるっきゃ騎士』の振り切れたキャラまで幅広く演じる若手実力派の代表だ。この二人が新たなアプローチで創り出すグランギニョル(大衆芝居・見世物小屋で演じられた荒唐無稽な芝居)の世界を今から楽しみに待ちたい。

関連記事:「うわ…」「ひい…」など、声にならない声をあげたくなる…そんな河原雅彦関連情報はこちらから

残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』は、2015年12月18日(金)~12月27日(日)、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演される。

(c)古屋兎丸/ライチ☆光クラブ プロジェクト2015

(文/エンタステージ編集部)

ライチ☆光クラブ

作品情報ライチ☆光クラブ

漫画家・古屋兎丸の最高傑作のひとつである人気漫画が装いも新たに舞台化。中村倫也、玉置玲央ら個性的な俳優陣が挑む!

  • 公演:
  • キャスト:中村倫也、玉置玲央、尾上寛之、池岡亮介、赤沢燈、味方良介、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP