HEADLINE

ニュース

市川海老蔵、2014年に続くシンガポール公演決定!「日本の文化のすさまじさを押し込んでいく」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市川海老蔵

市川海老蔵が、歌舞伎をもっと身近に感じてもらいたいと国内の各都市で自主企画公演で始めた『古典への誘い』。2014年11月のシンガポール公演での成功に続き、2015年も10月17日(土)~18日(日)にシンガポールでの第二弾として『EBIZO ICHIKAWA XI'S JAPAN THEATER 2015』と題した公演を行うこととなった。公演に先立って、6月11日(木)に、Bunkamuraシアターコクーンで製作発表が行われた。

関連記事:市川海老蔵の活躍はこちらからご確認ください!

本公演では、歌舞伎十八番の一つである『嬲(うわなり)』が上演される。『嬲』は、1699年に初代市川團十郎が初演した伝統ある作品の一つで、これに海老蔵が新たな演出を加えて復活させる。また、海老蔵渾身の新作舞踏『三升曲輪傘売(みますくるわのかさうり)』も披露する予定で、革新的な世界を創り上げる。

海老蔵は、今回の『嬲』の上演について、「歌舞伎十八番は近年、上演をされていない作品を私と父とで復活させていたんですが、海外での歌舞伎十八番の復活はしたいことの一つだった」と語る。そして、「日本では『嬲』はやるつもりないので、ぜひ海外でどんどん、海外の方々に対しての新しい目線での歌舞伎というものを大きな挑戦の一つとして、復活をしていきたい」とその意気込みを語った。

一方、『三升曲輪傘売』については、「日本の文化のすさまじさを押し込んでいく内容にしようと思っています」と説明。本作は、「ゆくゆくは日本でも必ず上演したいと思っています」ということなので、その公演を待ちたい。

市川海老蔵

関連記事:歌舞伎に少しでも興味が出たら、ぜひこちらのコラムをご覧くださいませ!

また、昨年のシンガポールでの公演の思い出を聞かれた海老蔵は、「小籠包。100個は食べた」と答え、日本からのファンに「マリーナベイサンズの屋上の小籠包は世界一おいしい」とおすすめする場面もあった。

『EBIZO ICHIKAWA XI'S JAPAN THEATER 2015』は2015年10月17日(土)・18日(日)にシンガポール・マリーナベイサンズ グランドシアターで上演。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP