HEADLINE

ニュース

舞台『K』第二章、2015年8月東京・大阪にて上演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『K』第二章-AROUSAL OF KING-

2014年8月に上演されるやチケットが即完売し、大好評を博した舞台『K』の続編となる舞台『K』第二章-AROUSAL OF KING-の公演が決定した。舞台『K』初演ではTVアニメ第1期の7話までを描き、第二章では第1期が完結するまでを描いた。今作では初演に引き続き、原作が持つ緻密かつミステリアスな世界観とスタイリッシュな演出、個性あふれる美麗なキャラクターを忠実に再現し、原作に沿ったストーリーで展開される。

関連記事:日本から世界へ。「2.5次元ミュージカル」のルーツをたどる

原作は、7人からなる作家集団GoRAとアニメーション制作会社GoHandsによるオリジナルアニメーション。現実とは微妙に異なった歴史を歩んだ現代日本を舞台に、7人の《王》それぞれの確執と、そこに巻き込まれる少年の運命が異能者バトルと共に描かれていく群像劇となっている。2012年10月にTVアニメ第1期『K』が放映され、2014年7月に劇場版『K MISSING KINGS』が全国上映され、2015年10月にはTVアニメ第2期『K RETURN OF KINGS』の放送が決定している。

キャストは、前作から引き続き主演の伊佐那社役に松田凌、夜刀神狗朗役に荒牧慶彦、草薙出雲役に寿里、八田美咲役に植田圭輔、鎌本力夫役に松崎裕、宗像礼司役に南圭介、淡島世理役に茉莉邑薫が続投となる。
そして、ネコ役に楠本あずさ、櫛名アンナ役に磯部花凜、伏見猿比古役に安西慎太郎、周防尊役に和田雅成が、第二章の新たなキャストに抜擢された。

関連記事:主演の松田凌関連のステージ情報はこちらから!!

今夏、一部新キャストを迎えて臨む舞台『K』第二章-AROUSAL OF KING-は、8月5日(水)~15日(土)東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo(アイア 2.5 シアター トーキョー)にて上演する他、大阪公演も大阪メルパルクホールにて8月19日(水)~22日(土)の期間で上演される。

(C) GoRA・GoHands/k-project (C) GoRA・GoHands/stage k-project

(文/エンタステージ編集部)

『K』 第二章-AROUSAL OF KING-

作品情報『K』 第二章-AROUSAL OF KING-

  • 公演:
  • キャスト:南圭介、 寿里、 松崎裕、 松田凌、 植田圭輔、 茉莉邑薫、 荒牧慶彦、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP