HEADLINE

ニュース

平岡祐太×倉科カナが“古典と現代の融合”に挑む 現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』

2015年11月8日(日)より東京・世田谷パブリックシアターにて、現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』が上演される。『現代能楽集』シリーズは、世田谷パブリックシアター芸術監督である狂言師・野村萬斎によって立ち上げられたシリーズだ。古典の知恵と洗練を現代に還元し、現代の舞台創造に活かしていきたいという考えのもと、これまで様々な企画を行ってきた。

関連記事:芸術監督の野村萬斎。多彩な才能で様々な作品を手掛けています。その一部をここからご覧ください。

第八弾となる今回の作・演出には、現代演劇界でも数々の受賞歴を持つ劇作家・演出家であり、連続テレビ小説『まんてん』(NHK)脚本など映像分野でも活躍を見せるマキノノゾミを迎える。題材として取り上げられるのは、三島由紀夫の「近代能楽集『卒塔婆小町』『熊野』」。三島の世界を土台とし、マキノがエンターテイメント性と文学性を兼ね備えた作品として新たに書き下ろす。

出演者には、平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、一路真輝が名を連ねる。平岡は「久々に舞台の上に立てる事が楽しみです。三島由紀夫さんの世界が現代にアレンジされ、どのような変化を起こし初日を迎えられるか。演出家のマキノノゾミさん、共演者の方々と稽古を重ねながら新たな作品を作りあげたい」とコメントし、倉科も「不安はありますが、稽古で沢山恥をかき、丁寧に作品を紡いで行けたらと思っております」と意気込んだ。

一路は、出演を決めるまでに少し葛藤したと言う。「今の私にはまだ早いのではないかと悩みました。そんな私の背中を押してくれたのは、ドラマで夫婦役として共演させて頂いたマキノさんが演出!ということでした。ご縁を感じ、新しい挑戦を決意しました。この出会いに感謝し、精一杯作品と向かい合っていけたら」と決意を語った。

関連記事:ミュージカル『シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~』一路真輝インタビュー!「観終わった後には、あったかい気持ちになります」

三島由紀夫原作×野村萬斎企画・監修×マキノノゾミ作・演出という異色タッグで、“古典と現代の融合”の新たな姿を描き出す。現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』は、2015年11月8日(日)から11月21日(土)まで東京・世田谷パブリックシアターにて上演される。チケットは、9月13日(日)より一般発売開始。

(文/エンタステージ編集部)

現代能楽集Ⅷ「道玄坂綺譚」

作品情報現代能楽集Ⅷ「道玄坂綺譚」

三島由紀夫原作×野村萬斎企画・監修×マキノノゾミ作・演出という異色タッグで“古典と現代の融合”の新たな姿を描き出す

  • 公演:
  • キャスト:平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、一路真輝、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP