HEADLINE

ニュース

コールドプレイ、『ゲーム・オブ・スローンズ』をパロったミュージカルの楽曲を作曲!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エミリア・クラーク『ゲーム・オブ・スローンズ』

奇数年の3月の第2または第3金曜日は、「Red Nose Day」と呼ばれるチャリティーの日。そこで米NBCが、貧困に生きる世界の子供達を支援する特別番組を製作して、5月21日に放送。番組内で、人気ロックバンドのコールドプレイが手掛けた『ゲーム・オブ・スローンズ』をパロったミュージカルナンバーが、キャストによって披露され話題を呼んだ。米BROADWAY.COMが伝えている。

関連記事:『ゲーム・オブ・スローンズ』ピーター・ディンクレイジ、テイラー・シリングと舞台で共演!

七王国が玉座を巡って熾烈な戦いを繰り広げる大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』は登場人物が多く、シーズンごとにメインキャラクターが殺されたり、登場人物の入れ替わりが激しい。そんな、劇中で命を落としたキャラクターへのトリビュートとして、コールドプレイが作曲した「A Man for All Seasons」をティリオン・ラニスター役のピーター・ディンクレイジが熱唱。そして、デナーリス・ターガリエン役のエミリア・クラークは、シリーズをパロディにしたレゲエ風のナンバー「Rastafarian Targaryen」を歌い、ジェイミー・ラニスター役のニコライ・コスター=ワルドーは、ピアノの弾き語りでメローな「Closer to Home」を録音。

ピーター・ディングレイジ『ゲーム・オブ・スローンズ』

さらに、ミュージカルナンバーのメイキングシーンでは、コールドプレイのクリス・マーティンが弾くピアノに合わせて、キット・ハリントン(ジョン・スノウ役)やリチャード・マッデン(ロブ・スターク役)、アルフィー・アレン(シオン・グレイジョイ役)にジョン・ブラッドリー(サムウェル・ターリー役)といったメインキャストが集結して大合唱を繰り広げた。今回の特別番組用のミュージカル製作を機会に、もしかしたらミュージカル版『ゲーム・オブ・スローンズ』が、本格的にブロードウェイに進出なんていう展開が期待できるかもしれない。

キット・ハリンソン『ゲーム・オブ・スローンズ』

ジョン・ブラッドリー『ゲーム・オブ・スローンズ』

関連記事:この他の『ゲーム・オブ・スローンズ』に関わる人物の舞台情報はこちらでチェック!

ちなみに日本では、2015年6月17日(水)に、『ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編- コンプリート・ボックス』がブルーレイ&DVDで発売される。(同日、ブルーレイ&DVDレンタルあり)また、【初回限定生産】『ゲーム・オブ・スローンズ <第一~四章> ブルーレイ ボックス』もワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントも同日発売となる。

Photo:(上から順に)エミリア・クラーク、ピーター・ディングレイジ、キット・ハリンソン、ジョン・ビラッドリー
『ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編- コンプリート・ボックス』より
Game of Thrones (c) 2015 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related service marks are the property of Home Box Office, Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP