HEADLINE

ニュース

演劇×動画の祭典 第4回「クォータースターコンテスト」開催決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『会話劇2014』

Photo:週刊パラドックス『会話劇2014』

演劇動画ニュースサイト「エントレ」(運営:株式会社ヴィレッヂ)はWEB上で誰でも参加できる演劇動画のコンテスト「第4回クォータースターコンテスト」を2015年8月から12月にかけ開催することを決定した。クォータースターコンテスト(以下QSC)は2012年に始まった演劇動画を競うコンテストで今年で4回目を迎える。

関連記事:ヴィレッヂといえば、劇団☆新感線の企画・製作・運営などを手掛ける会社。となればこちらのコラムをどうぞ!劇団☆新感線の二大人気キャラ「五右衛門」「轟天」を大紹介!

QSCの主なルールは「12分0秒以上、15分0秒以下の動画を作る事」「1台のカメラで収録、映像編集は禁止」の2つ。収録場所は劇場に限らず、屋外での撮影もOK。これまで北海道から沖縄まで全国の演劇人・映画人によって作品が作られ、3大会合わせて274本の作品が投稿・エントリーされた。

前回のグランプリは週刊パラドックスの『会話劇2014』という作品。動画に映っているのはLINEの画面とそれを操作する指だけという意表を突いた設定だったが、その斬新な設定以上に、LINEでやり取りする女子高生のやり取りがリアルで生々しく、最後まで視聴者を飽きさせることの無い映像に仕上がっていたことが高く評価された。

僅差で次点(優秀作品賞)となったのは、あやめ十八番『江戸系 紅千鳥』と、モラトリアムパンツ『ヒットナンバー』。いずれも勢いのある注目の若手劇団の作品で、それぞれの劇団の良さが顕著に表れていた良作だったという。

あやめ十八番『江戸系 紅千鳥』あやめ十八番『江戸系 紅千鳥』

モラトリアムパンツ『ヒットナンバー』モラトリアムパンツ『ヒットナンバー』

各界を代表する人物が審査員を務めているのもQSCの大きな魅力の一つ。これまでの審査員は作家・演出家の鴻上尚史、演劇ぶっく編集長の坂口真人、演出家の鈴木裕美、さらに、映画『モテキ』などで知られる大根仁監督、映画『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』などを手掛けた吉田大八監督、『世界の中心で、愛をさけぶ』『GO』などを手掛けた行定勲監督など、いずれも演劇・映像分野の第一人者たち。「ノミネートされれば彼らに自分の作品を観てもらえる」というのが参加者の大きなモチベーションの一つとなっていることは間違いないだろう。第4回大会の審査員は後日発表される。

関連記事:いのうえひでのり「35周年は頑張りすぎない!」『五右衛門vs轟天』製作発表

グランプリを獲得すれば賞金は30万円。このほか、過去には自身の公演が収録・DVD化される賞や、小劇場を無料で借りることができる賞など個性的な賞がラインナップされており、今年も多彩な賞が用意される予定だ。

第4回「クォータースターコンテスト」は、以下の日程で催される。ルールや、参加方法ほか、詳細についてはQSC公式サイトにてご確認を。
募集期間:2015年8月3日(月)~10月30日(金)
ノミネート作品発表:2015年11月半ば~後半予定
結果発表・授賞式:2015年12月5日(土)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP