HEADLINE

ニュース

『SATC』シンシア・ニクソン、ブロードウェイの喜劇『Steve』を演出することに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンシア・ニクソン

大人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』で、弁護士のミランダ役を演じて人気を博したシンシア・ニクソン。昨年は、ブロードウェイの舞台『The Real Thing』でユアン・マクレガーと共演し、演劇『Rasheeda Speaking』を演出したシンシアは、近頃は演劇界での活躍が目立っている。そんな彼女が、またしてもブロードウェイの喜劇『Steve』を演出することが明らかとなった。

関連記事:ブロードウェイの最新情報から懐かしい話まで、エンタステージでチェック!

米BROADWAY.COMによると、シンシアが演出する『Steve』は、マーク・ジェラード脚本によるほろ苦いテイストのコメディ。ブロードウェイのコーラスボーイを目指していたスティーヴンは、夢を諦めて専業主夫に。再び巡って来た自分の誕生日に、スティーヴンは、14年間を共にしたパートナーのステファンが浮気をしているのではないかと疑いを抱くように…。さらに、“なぜ親友の一人が癌に苦しまなければならないのか? 今までの自分の人生は何だったのか?”と悩み始める…というストーリーだ。現段階でキャスティングは決定しておらず、決まり次第発表されるとのこと。

シンシアは『ラビット・ホール』の演技で、2006年のトニー賞演劇部門主演女優賞を受賞。そして、1995年には『Indiscretions』で、2012年には『Wit』で同賞演劇部門主演女優賞にノミネートされており、演劇界でもその実力を認められている。シンシアが演出する『Steve』は、ロムラス・リニー・コートヤード劇場にて、2015年11月よりプレビュー公演が開始する予定。

関連記事:第69回トニー賞にノミネートされた俳優たちの喜びのコメント、到着【前編】【後編】

Photo:シンシア・ニクソン
(c)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP