HEADLINE

ニュース

安蘭けい、濱田めぐみ、平方元基、柿澤勇人らが登場!ミュージカル『サンセット大通り』製作発表イベント・レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『サンセット大通り』

2015年7月4日(土)に赤坂ACTシアターにて開幕するミュージカル『サンセット大通り』。『キャッツ』『オペラ座の怪人』などの名作を生み出した作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバーが音楽を手掛け、1995年にはトニー賞最優秀ミュージカル作品賞を受賞したドラマティックな舞台だ。初日を2か月後に控えた5月13日(水)、都内で製作発表イベントが行われ、安蘭けい濱田めぐみ平方元基柿澤勇人らのキャストと演出の鈴木裕美が登場し、それぞれが作品に賭ける意気込みを語った。

関連記事:ミュージカル『サンセット大通り』平方元基×柿澤勇人×水田航生にインタビュー! 

この日のイベントは歌唱披露からスタート。野心を持つ脚本家ジョー役(Wキャスト)の平方元基と柿澤勇人が「SUNSET BOULEVARD」をパワフルに歌い、この日お披露目となったベティ役の夢咲ねねと平方元基が「TOO MUCH IN LOVE CARE」を初披露。ノーマを献身的に支える執事・マックス役の鈴木綜馬が「THE GREATEST STAR OF ALL」を歌い上げ、主役の“忘れられた大女優”ノーマをWキャストとして演じる濱田めぐみと安蘭けいはそれぞれ「AS IF WE NEVER SAID GOODBYE」、「WITH ONE LOOK」を情感たっぷりに歌い、オーディエンスから大きな拍手を贈られていた。

以下、出演者のコメントをご紹介しよう。

安蘭けい(ノーマ・デズモント役 Wキャスト)
2012年の初演に続き、今回もまたノーマ役を演じさせて頂け、とても幸せだと思っております。初演の時は女優なら誰しも演じたいと願う役だということでプレッシャーもあったのですが、その気持ちは一旦置いて、懸命に作品と向き合ってきました。あれから3年が経ち、当時は分からなかったノーマの気持ちに一歩近づけた気もします。
『サンセット大通り』はサイレント映画からトーキー映画に移り変わる時代を描いた作品ですが、その当時本当にこういう女優がいてこんな事件があったのではないかというリアルな展開・・・そこにアンドリュー・ロイド=ウェバーさんの音楽が加わり、本当に良く出来たミュージカルになっていると思います。ん、良く出来た?…ちょっと上から目線ですみません(笑)。でも本当に素晴らしい作品ですので、ぜひ劇場に足を運び頂ければと思います。

安蘭けい『サンセット大通り』

濱田めぐみ(ノーマ・デズモント役 Wキャスト)
お話にあったように、安蘭さんが初演で感じられたプレッシャーを、今ダイレクトに感じている状態です。このカンパニーでノーマを演じさせて頂くのはとても幸せですし、初演という土台があり、そこに今回参加させて頂くという事は私にとってありがたいことであり、チャレンジでもあります。
これまでハリウッド、ブロードウェイ、ロンドンと世界中の名だたる女優さんが演じてきた大役を自分が演じるという事にまだ心が付いていっておらず、どのように役を作り上げていけばいいのか模索中ですが、身も心もノーマに捧げてこの役を生き抜けたらと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

濱田めぐみ『サンセット大通り』

平方元基(ジョー役 Wキャスト)
非常に緊張しておりまして、自分でも何を喋り出すのかちょっと分かりません(笑)。最初に台本を読んだ時に、ジョーにとってはある意味“ホラー”だと感じました。それぞれのキャラクターに愛憎や欲望といった感情がうごめいていて、それが最後まで交わる事なくラストを迎えるという展開…とてもスリリングだと思います。それを役者として演じさせて頂くことは大きな挑戦です。“良く出来た作品”ですし・・・(笑)。応援をよろしくお願いします!

平方元基『サンセット大通り』

柿澤勇人(ジョー役 Wキャスト)
19歳の時に劇団四季で初めて舞台に立った作品が『ジーザス・クライスト=スーパースター』でした。今回、その時と同じアンドリュー・ロイド=ウェバーさんの楽曲を歌わせて頂くという事で、19歳の時に一人ピアノを叩きながら稽古したあの時の初心を思い出しながら音楽と向き合いたいと思います。また、この美しい楽曲に負けない強烈な人間ドラマが繰り広げられる作品ですので、(相手役の)めぐさんと濃密な稽古をしていきつつ、Wキャストの元基先輩…元基大先輩(笑)と一緒にジョーを作っていければと思っています。

柿澤勇人『サンセット大通り』

鈴木綜馬(マックス役)
奇遇だなあ・・・僕も劇団四季にいたんですよ(会場爆笑)。『ジーザス・クライスト=スーパースター』にも出演したなあ(笑)。そんな事もあって、今の話で柿澤君を身近に感じてしまいました…ジョーをいじめなきゃいけない役なのに(笑)。初演の時にノーマとジョーが濃厚なラブシーンを演じている場で(演出の)裕美先生から「あなた、ちゃんとそこで見てなさい!」と言われ、稽古場ではどんなにもだえ苦しんだ事か(笑)。再演ではありますが、新しいものを創っていくという意気込みで取り組んでいるカンパニーです。どうぞご期待ください!

鈴木綜馬『サンセット大通り』

関連記事:鈴木綜馬の迫力にくぎ付け!『タイタニック』

夢咲ねね(ベティ役)
初演を拝見したのですが、サスペンスだったり、ミステリーだったりという雰囲気が新鮮で、今回出演させて頂ける事をとても嬉しく思っています。ベティはまたそのモードとは違い、北風と太陽の“太陽”の雰囲気を持つ女性です。そんな存在でいられるよう頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

夢咲ねね『サンセット大通り』

水田航生(アーティー役)
僕が演じるアーティーという役も太陽のように明るく、楽しい場面にしか出て来ない、ある意味能天気なキャラクターです。『サンセット大通り』が持つミステリアスな雰囲気をより引き立たせるためにも、アーティーの家のパーティーのシーンの明るさが大切なのかな、と。僕自身はアーティーのように人を集めてパーティーを開くようなタイプではないんですけど、稽古場でも「パーティーを開く!」位の明るいムードを出していけたらと思います。

水田航生『サンセット大通り』

ミュージカル『サンセット大通り』は2015年7月4日(土)から7月20日(月・祝)まで東京・赤坂ACTシアターにて上演。東京公演終了後、愛知、大阪でも上演される。

なお、エンタステージでは『サンセット大通り』出演の安蘭けい、濱田めぐみ、夢咲ねねのインタビューも掲載予定。お楽しみに!

撮影:上村由紀子

(文/エンタステージ編集部)

サンセット大通り

作品情報サンセット大通り

ハリウッドの光と闇を描いた内幕物の決定版!

  • 公演:
  • キャスト:安蘭けい、濱田めぐみ、平方元基、柿澤勇人、鈴木綜馬、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP