HEADLINE

ニュース

ユアン・マクレガー、実写版ミュージカル『美女と野獣』に出演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユアン・マクレガー

今年1月、映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で大ブレイクしたエマ・ワトソンが、実写版ミュージカル『美女と野獣』でベル役を演じることを発表。それ以来、野獣役にはダン・スティーヴンス(『ダウントン・アビー』)、悪役ガストンにはルーク・エヴァンス(『ホビット』シリーズ)と続々と配役が決まるなか、人気俳優ユアン・マクレガー(『スター・ウォーズ』シリーズ)の出演が決定したことが明らかとなった。

関連記事:『美女と野獣』はじめ、ディズニー作品の舞台化、多いですよね!その一部をご紹介します。

本作は、1991年公開のアニメ映画『美女と野獣』を下敷きにミュージカル化する作品。父の身代わりとなり、恐ろしい野獣の姿をした男の家に幽閉された心優しく美しいベラと、野獣が心を通わせることで起こる愛の奇跡が描かれる。米BROADWAY.COMによると、実写版でユアンが演じるのは、野獣の召使の一人で城の給仕頭として勤めるルミエール役。アニメ版のルミエールは、魔女の呪いで蝋燭の姿に変えられていた。

関連記事:ディズニーの実写ミュージカル『アラジン』ただいま準備中!

ユアンがミュージカル映画に出演するのは、2001年公開のニコール・キッドマンと共演した『ムーラン・ルージュ』以来。本作で歌唱力を実証済みの彼は、昨年10月に舞台『The Real Thing』でブロードウェイデビューを果たしている。2006年には、ロンドンのウェストエンドで上演されたミュージカル『ガイズ&ドールズ』のスカイ・マスターソン役で、ローレンス・オリヴィエ賞のミュージカル部門主演男優賞にノミネートされている。ビル・コンドン監督(『ドリームガールズ』)がメガホンを取る実写版『美女と野獣』は、2017年3月17日(金)に全米公開予定。

Photo:ユアン・マクレガー『トレインスポッティング』
(c)Channel Four Television Corporation MCMXCVC

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP