HEADLINE

ニュース

主演・唐沢寿明!Hulu初のオリジナルドラマ配信決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『THE LAST COP/ラストコップ』

世界中の映画・ドラマ・アニメを配信するHuluが、初めてオリジナルドラマを製作・配信することが発表された。タイトルは『THE LAST COP/ラストコップ』。日本テレビ×Hulu共同制作ドラマとなる本作は、ドイツで2010年に放送以降、高視聴率を獲得し続け、シーズン5まで制作された超人気ドラマ『DER LETZTE BULLE(英題:THE LAST COP)』をリメイクし、日本版として生まれ変わらせたものだ。

関連記事:TVドラマから舞台化される作品、話題になりますよね。先日発表したこちら、チェックしていますか?『TAKE FIVE』

1985年。型破りだが熱すぎるほどの情熱で数々の事件を解決してきた刑事の京極は、凶悪犯のカグラを追いつめた。しかしその瞬間、カグラの仕掛けた爆弾が爆発。京極はそのまま昏睡状態に陥り、30年間眠り続けることに…。そして2015年のある日。あるキッカケで目覚めた京極は妻の加奈子の元を訪れるが、再婚した加奈子から家を追い出され暴れていたところを若手刑事の亮太に逮捕されてしまう。そのまま横浜中央署に連行された京極は、かつての後輩・鈴木や上司の鯨井と再会。早速刑事の職に復帰することになるが、時代錯誤を炸裂させまくり、バディを組むことになった亮太を困らせてばかり。そんな中、京極と亮太は世間を騒がせている2人組の犯罪者「シーサー」が狙っているあるイベントの警備を担当することになり、現場でシーサーらしき男を発見するのだが――。

『THE LAST COP/ラストコップ』

時代とズレてしまった規格外の刑事を演じるのは映画『20世紀少年』や大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』TVドラマ『白い巨塔』舞台『コリオレイナス』などで圧倒的な演技力を発揮し人気を誇る唐沢寿明。唐沢演じる京極とバディを組む草食系の若手刑事・亮太役は、連続TV小説『花子とアン』ドラマ『Nのために』舞台『唐版 滝の白糸』などに出演した窪田正孝。このほか和久井映見、佐々木希、宮川一朗太、久慈暁子、田山涼成、マギー、佐野史郎らが出演する。

関連記事:先日初舞台が報じられ注目されている佐々木希。こちらの作品に出演します。『ブロッケンの妖怪』

本作への出演について、唐沢は「僕自身も最近はスーツ系の役が多く、こういった“がさつな役”はあまり演じる機会がなかったので、新鮮ですね。窪田くんも今回は明るい活発的なイメージの役ではなく、小心者の望月亮太を一生懸命演じていますし、そういう僕らの新しい一面も楽しんでいただけるんじゃないかと思います」とコメントしている。

なお本作は、Huluだけでなく日本テレビでも特別放送される。放送・配信は2015年初夏。詳細な日程は後日発表となる。さらに原作ドラマ『DER LETZTE BULLE』もシーズン1が本日2015年4月22日(水)よりHuluにて配信開始となる。(毎週水曜に1話ずつ追加配信予定)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP