HEADLINE

ニュース

お笑い芸人・品川ヒロシ監督、藤原達也主演の映画『サンブンノイチ』が放映

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『サンブンノイチ』

お笑いコンビ・品川庄司の品川祐が、品川ヒロシ名義でメガホンを取った映画『サンブンノイチ』が、2015年4月29日(水・祝)の23:00からWOWOWシネマにて、そして5月9日(土)の13:00からWOWOWプライムにて放送される。主演に藤原竜也を迎え、小説「『悪魔』シリーズ」の木下半太の同名小説を映像化したクライムコメディだ。

関連記事:藤原竜也といえばこちらの作品が話題となりました。『ジュリアス・シーザー』

物語の舞台は、川崎にあるキャバクラ「ハニーバニー」。そこの雇われ店長であるシュウは、店の売上金を失くし、闇金から多額の借金を負ってしまう。どうしても金が必要になったシュウは、店のボーイであるコジと常連客の健と3人で銀行強盗を実行に移す。盗んだ大金をいざ分けようとするも、平等に3分の1ずつというわけにもいかず、それぞれの分け前をめぐって仲間割れを起こし、だまし合いを展開する様を描いている。

シュウ役に扮するのは、舞台、映像、共に実力を認められている藤原竜也。第11回読売演劇大賞優秀男優賞・杉村春子賞、第27回日本アカデミー賞優秀主演男優賞など、多くの受賞歴を持つ。そのシュウと仲間になるボーイのコジは田中聖。あくの強い役柄を堂々と演じている。同じく銀行強盗に加担する常連客の健を、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一が務めている。

原作者の木下は、『悪魔のエレベーター』で作家デビューし『悪魔のドライブ』『悪魔の観覧車』などの「悪魔シリーズ」で知られる人気作家。監督、脚本を手がけた品川は、自身が書いた小説を映画化した『ドロップ』『漫才ギャング』に続き、本作が長編映画監督作品第3弾となる。共演に中島美嘉、窪塚洋介のほか、吉本興業所属の芸人たちも多く出演している。

(C)2014「サンブンノイチ」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP