HEADLINE

ニュース

吉原光夫、ヤン・ジュンモらが登場!開幕直前『レ・ミゼラブル』公開稽古レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『レ・ミゼラブル』

4月13日(月)に帝国劇場(東京・日比谷)にてプレビュー初日の幕を開けるミュージカル『レ・ミゼラブル』。開幕まで17日と迫った3月27日(金)、都内のスタジオで稽古の模様が公開された。この日の公開稽古には今回の『レ・ミゼラブル』が日本での舞台デビューとなるジャン・バルジャン役のヤン・ジュンモ、2013年の新演出版からバルジャンと彼を追う警部・ジャベールの二役を演じる吉原光夫、マリウス役の海宝直人、アンジョルラス役の上山竜司らが登場。作品冒頭のガレー船の場面からバルジャンの「独白」までが一気に通された。

関連記事:『レ・ミゼラブル』が演劇界に贈ったギフト

ヤン・ジュンモは稽古開始前からガレー船の装置の中で一人気持ちを高め、やさぐれた囚人だったバルジャンが司教に出会い、無償の愛を受けることで新たな人生を歩もうと決意するまでの場面を熱演。「独白」の歌唱後には英国側のスタッフや他キャスト、報道陣から大きな拍手を送られていた。

『レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』

ジャベール役の吉原光夫はバルジャンを演じている時に見せる慈愛に満ちた目を封印し、法の下で自らの正義を貫くジャベールの厳しさを表現。バルジャンとジャベールの二人が睨み合う場面は稽古とは思えないほどの緊迫感だ。

『レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』

また、この日の稽古では萬谷法英、石飛幸治、神田恭兵、杉山有大、鎌田誠樹、土倉有貴らの迫力ある歌声もスタジオ内に響き、カンパニーの熱い思いが初日に向かって高まる様子が伝わって来た。

以下、公開稽古終了後に寄せられたコメントをご紹介しよう。

エイドリアン・サープル(演出補)
本日はお越し頂きありがとうございます。カンパニーに代わりお礼を申し上げます。稽古過程ではありますが、『レ・ミゼラブル』の複雑で奥の深いキャラクターをご覧頂けたのではないでしょうか。本番では衣装や照明などの要素が足され、更にエキサイティングなパフォーマンスをお見せできると思います。

『レ・ミゼラブル』

吉原光夫
頑張ります!以上です!(報道陣、他キャストから笑いが起きる)
ヤン・ジュンモさんと一緒に舞台に立てることを光栄に思います。心を掻き乱され、刺激を受けながらバルジャンとジャベールに取り組んでおります。

『レ・ミゼラブル』

ヤン・ジュンモ
私が2013年に初めて観た日本のミュージカルが『レ・ミゼラブル』でした。その時にバルジャンを演じていたのが吉原さんで、何てバルジャンのイメージにぴったりなのだろうと思ったことを覚えています。毎日の稽古でカンパニーの素晴らしさを実感しています。大千秋楽まで感動をお届けできるように頑張りますのでよろしくお願い致します。

『レ・ミゼラブル』

ミュージカル『レ・ミゼラブル』は東京・帝国劇場にて2015年4月13日(月)にプレビュー初日の幕を開け、6月1日(日)まで上演。東京公演終了後は名古屋・福岡・大阪・富山・静岡の各地で公演が行われる。

(文/エンタステージ編集部)

レ・ミゼラブル

作品情報レ・ミゼラブル

世界の演劇史を代表する作品が、2015年帰ってきた!

  • 公演:
  • キャスト:福井晶一、吉原光夫、ヤン・ジュンモ、川口竜也、岸祐二、鎌田誠樹、笹本玲奈、昆夏美、平野綾、綿引さやか、知念里奈、和音美桜、里アンナ、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP