HEADLINE

ニュース

安蘭けい&濱田めぐみのWキャストで『サンセット大通り』待望の再演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『サンセット大通り』

2015年7月4日(土)よりミュージカル『サンセット大通り』が東京・赤坂ACTシアターにて上演される。本作は、『キャッツ』や『オペラ座の怪人』など数々の大ヒットミュージカルを生み出してきたアンドリュー・ロイド=ウェバーが手掛けた作品。1993年に発表され、翌年にはブロードウェイでも上演、1995年にはトニー賞7部門を受賞した。その後、キャスティングの難しさや壮大なセットにより日本での上演は不可能と言われてきたが、2012年についに実現された。

関連記事:最近話題になったアンドリュー・ロイド=ウェバー作品といえばこちら!『ボンベイドリームス』!

今年再演されるにあたり、豪華な顔ぶれが集結する。演出は、濃密な人間ドラマを描くことに定評のある鈴木裕美。主人公の大女優ノーマ役は、本作の初演で第38回菊田一夫演劇賞を受賞し高い評価を得た安蘭けいと、ロイド=ウェバーの最新作『ラブ・ネバー・ダイ』(2014年)での圧倒的な歌唱力が記憶に新しい濱田めぐみがWキャストで務める。脚本家の青年ジョーには平方元基と柿澤勇人がこちらもWキャストで初挑戦。執事マックスは初演に続き鈴木綜馬が演じる。そのほか水田航生戸井勝海、浜畑賢吉らが出演する。

『サンセット大通り』

ハリウッドのサンセット大通りに面するある邸宅のプールに、若い男の死体が浮かんだ。“彼”は自分の死の真相について語り始める―。売れない脚本家のジョーは借金取りから逃れる途中で、荒れ果てた不気味な豪邸に逃げ込む。そこはかつて一世を風靡した大女優ノーマが怪しげな執事マックスと共に、過去の夢の中に生きていた。ジョーが脚本家だと知ったノーマは、彼女の主演映画のシナリオを住み込みで書くように命じる。お金のために引き受けたジョーだったが、二人の関係は仕事を超えたものになっていく。その後、ジョーは脚本家仲間のベティーに惹かれていく一方、自分を独占しようとするノーマに嫌気がさし屋敷を出ていこうとするが…。

大女優の悲哀と孤独、ハリウッドの光と闇を描いた内幕物の決定版!気が狂うほど“私”は“私”が愛おしい―。バラエティに富んだ楽曲にのせた息もつかせないスリリングな展開と衝撃のラストシーンを、是非劇場で目撃してほしい。ミュージカル『サンセット大通り』は、2015年7月4日(土)から7月20日(月・祝)まで東京・赤坂ACTシアターにて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

サンセット大通り

作品情報サンセット大通り

ハリウッドの光と闇を描いた内幕物の決定版!

  • 公演:
  • キャスト:安蘭けい、濱田めぐみ、平方元基、柿澤勇人、鈴木綜馬、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP