HEADLINE

ニュース

紫吹淳と岡田浩暉が恋に落ちる!?『グッバイ・ガール』2015年8月上演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫吹淳

売れない役者と子持ちのダンサーが恋に落ちる、ユニークでシンプルなロマンチックラブコメディ・ミュージカル『グッバイ・ガール』が、2015年夏、東京国際フォーラム ホールCにて上演されることが決定した。本作は米国の劇作家・脚本家のニール・サイモン(『おかしな二人』『ロスト・イン・ヨンカーズ』『ブロードウェイから45秒』ほか)の作品である。

関連記事:会場となる東京国際フォーラム ホールCは1502名収容。それゆえ人気作・大作が上演されることが多いですね。その一部をこちらからご紹介!

ニューヨークの78番街。愛人トニーに捨てられたポーラは娘のルーシーの生活費のため、再びダンサーに戻る決意をする。そんな中、トニーから部屋を譲り受けたエリオットという男が強引に部屋に入り、話し合いを要求する。渋々ルーシーの部屋を明け渡したポーラだったが、母娘はこの風変わりな同居人の生活に振り回されることに…。

本作は、1977年に米国で映画化され、エリオット役のリチャード・ドレイファスがアカデミー賞主演男優賞を受賞。その後、1993年にミュージカル化され、主演を務めたマーティン・ショートとバーナデット・ピーターズは共に本作でトニー賞男優賞と女優賞にノミネート。日本では1996年から上演され、1996年は石井一孝剣幸、1997年は小堺一機と日向薫、1998年は小堺一機と剣幸の主演で上演されている。

実に17年振りとなる日本版の上演において、上演台本と演出を手掛けるのは、ミュージカル初挑戦であり、ニール・サイモンの大ファンであるマキノノゾミ。主役のシングルマザー・ポーラ役を演じるのは、元宝塚トップスターの紫吹淳。男を見る目がなく不器用で、娘からも心配されている憎めない女性を演じる。今回の出演について紫吹は「グッバイ・ガールの主演が決まり、本当に嬉しく思います。最近はバラエティー番組に出演させて頂くことも多くなっておりますが、やはり私の原点は舞台!!全身全霊心を込め最高のパフォーマンスで皆様に素敵な時間を過ごして頂けますよう頑張ります」とコメントしている。

岡田浩暉

もう一人の主役、男気があるが変わり者という一癖ある男性・エリオット役を務めるのは、舞台、映画やドラマと幅広く活躍する岡田浩暉。「ニール・サイモンのブロードウェイミュージカル。なんとテンションの上がるフレーズなんでしょうか。それを大のニール・サイモン好きのマキノノゾミさんの翻訳、演出。そして気心知れた大好きな女優・紫吹淳さんとの共演。2015年の夏、最高のミュージカルを東京国際フォーラムからお届けします」と喜びを口にしている。(その他のキャストは順次発表)

『グッバイ・ガール』2015年8月7日(金)~23日(日)、東京国際フォーラム ホールCにて上演される。チケット一般発売日は2015年4月25日(土) 10:00から。

(文/エンタステージ編集部)

グッバイ・ガール

作品情報グッバイ・ガール

日本では17年ぶりの上演!紫吹淳と岡田浩暉が綴る、ちょっとユニークなラブコメディ!!

  • 公演:
  • キャスト:紫吹淳、岡田浩暉、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP