HEADLINE

ニュース

伝説の極道を滝川英治が演じる!人気ゲームシリーズ『龍が如く』舞台化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台『龍が如く』

2005年12月にPlayStation2で第1作目が発売され、以降、累計出荷本数650万本を突破する家庭用ゲームシリーズ『龍が如く』(セガ)が、第1作目の発売から10年目を迎える2015年、初めて舞台化される。過去2度、映画化された本作は、繁華街で生きる伝説の極道、主人公・桐生一馬をはじめとする熱き男たちの活躍が描かれ、高い人気を誇っている。

関連記事:ゲーム発の舞台といえば昨年こんな舞台が人気を博しました!『ダンガンロンパ』

伝説の極道と呼ばれる桐生一馬を演じるのは、滝川英治。ミュージカル『テニスの王子様』の青学初代キャスト・手塚国光を演じ、以降、舞台『BASARA』シリーズ、『弱虫ペダル』インターハイ編などに出演したイケメン&肉体派俳優だ。滝川のほか、佐野岳桜乃彩音石垣佑磨、南羽翔平、渡辺和貴、芋洗坂係長、窪塚俊介、名高達男ほかが出演する。脚本・演出を担当するのは、田村孝裕(ONEOR8)、劇団ウルトラマンションの伊藤高史が脚本協力を務める。

舞台『龍が如く』

舞台『龍が如く』は、2015年4月24日(金) ~ 4月29日(水・祝)、東京・赤坂ACTシアターにて上演。

(写真左上から)滝川英治、佐野岳、桜乃彩音、石垣佑磨、南羽翔平、渡辺和貴、芋洗坂係長、窪塚俊介、名高達男

(文/エンタステージ編集部)

龍が如く

作品情報龍が如く

シリーズ10周年で初の舞台化、ゲームの世界観を忠実に再現!漢たちの生き様がぶつかり合う熱き人間ドラマ

  • 公演:
  • キャスト:滝川英治、佐野岳、桜乃彩音、石垣佑磨、南羽翔平、渡辺和貴、芋洗坂係長、窪塚俊介、名高達男、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP