HEADLINE

ニュース

新ドロシー梅田&田野、涙の稽古を乗り越えて『ウィズ~オズの魔法使い~』初日前囲み取材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ウィズ~オズの魔法使い~』

あの傑作ミュージカルが帰ってきた!2012年秋に日本で初上演され、大きな話題を呼んだ『ウィズ~オズの魔法使い~』。演出家・宮本亜門のもと、現代日本をけん引するトップクリエーターたちが集結し、2015年3月7日(土)より東京国際フォーラム ホールCにて再び幕を開けた。初日に先駆け、本作のヒロイン・ドロシー役を務めるWキャストの梅田彩佳(NMB48)と田野優花(AKB48)、ウィズ役の陣内孝則、そして演出を務める宮本亜門が登場、囲み取材に応じた。

関連記事:オーディションから初日まで、『ウィズ』に関するニュースはエンタステージで検索を!動画もあります!

“ガチオーデション”で選出された二人のヒロインに対し、まずは宮本から「3次のオーディションと稽古を経て二人は山越え峠越え、よくがんばってきました。すごく良い仕上がりになっています」と称賛の言葉が贈られた。これに対し、前回のリベンジが叶いドロシー役を演じる梅田は「オーディションからここまですごく早かった。今一番のワクワクを感じています」と心境を告白。田野も「私は明日が初日ですが、早く観て頂きたいという気持ちが強まっています!」と晴れやかな笑顔で答えた。初演から引き続きウィズ役を演じる陣内は「この役のより深いところがわかってきました。亜門さんの熱血演出で、私自身俳優としてかなり伸びているような気がします!今、一番旬な俳優と言ってもいいんじゃないでしょうか!!」と宣言、笑いを誘った。

『ウィズ~オズの魔法使い~』

『ウィズ~オズの魔法使い~』

稽古では「数えきれないぐらい泣いた」という梅田と、「泣かなかったよね?」と宮本につっこまれる田野。それに対し田野は「私も一回だけあったんですよ。梅田さんが初めて厳しめの言葉を言われている時に、私にはそういうのがなかったので逆に見放されてしまっているのかなと思って…」と誰も知らなかったエピソードを明かした。苦労があった分「ふたりともぐんぐん伸びましたよ。稽古を一緒にするたびに達者になっていって、僕もすごく刺激を受けました」と陣内も認める成長ぶりを見せたようだ。

『ウィズ~オズの魔法使い~』

誰に観てほしい?という質問には、梅田は「同期だった大島優子ちゃんが来てくれると言ってくれました。それから、いちばんプレッシャーなんですが、前回ドロシー役を演じた増田有華ちゃんには是非観てほしいなと思います」田野は、「ドロシー役になったことを喜んでくれた同期のみんなが来てくれたら嬉しいです」とそれぞれ語った。

『ウィズ~オズの魔法使い~』

最後に梅田は「観てくださった方が少しでもたくさんの愛に包まれてくれたら嬉しいなと思います。」とアピール。この舞台の初日が自身の誕生日でもある田野は「18歳初めての仕事が、このウィズで本当によかったです!」と笑顔をはじけさせた。「失礼な言い方かもしれないけど、もしかしたらミュージカルファンや舞台をたくさん観られている方はAKB48で大丈夫なの?って思うかもしれない。でも、AKB48なめちゃいかんよ、という感じです」と宮本は自信を見せた。

『ウィズ~オズの魔法使い~』は、2015年3月7日(土)~3月22日(日)まで東京国際フォーラム ホールCにて上演される。その後、大阪・名古屋・福岡公演あり。

(文/エンタステージ編集部)

ウィズ ~オズの魔法使い~

作品情報ウィズ ~オズの魔法使い~

新たなオーディションで迎えた二人のドロシーの活躍。そして陣内孝則扮するウィズについ引き込まれる

  • 公演:
  • キャスト:梅田彩佳、田野優花、佐賀龍彦、施鐘泰、エハラマサヒロ、岡本知高、阿知波悟美、小柳ゆき、瀬戸カトリーヌ、仲宗根梨乃、吉田メタル、陣内孝則、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP