HEADLINE

ニュース

【第二章】學蘭歌劇『帝一の國-決戦のマイムマイム-』、開國!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【第二章】學蘭歌劇『帝一の國-決戦のマイムマイム-』

2015年7月12日(日)よりAiiA 2.5 Theater Tokyoにて【第二章】學蘭歌劇『帝一の國―決戦のマイムマイム―』が上演される。『帝一の國』とは、2010年より集英社「ジャンプSQ.19」にて連載が開始され、現在は「ジャンプスクエア」にて絶賛連載中の人気漫画。『ライチ☆光クラブ』などで知られる古屋兎丸の作品で、時は昭和、数多くの政治家や官僚を生み出している中高一貫制の超名門校・海帝高校を舞台に、“総理大臣になり自分の国を作る”という野望を人生の目的に掲げる赤場帝一が、なれば将来を約束されるという学校の頂点・海帝高校生徒会長を目指す物語。

関連記事:AiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される作品はエンタステージでご確認を!

2014年4月から5月にかけて舞台化し大きな話題を呼んだ。続編となる本作は、前作と同じく脚本をナイロン100℃・ブルドックヘッドロッキングの喜安浩平、演出を劇団宇宙レコードの小林顕作が務め、2年生になった帝一たちの姿を描く。好評につき、今回は大阪公演も決定した。

出演は、木村了、入江甚儀、三津谷亮、吉川純広、谷戸亮太、冨森ジャスティン、細貝圭、大河元気、津田健次郎、平沼紀久、大堀こういちと、前作のキャストが再集結。そして、新一年生役&オールラウンダーズとして市川知宏、佐藤永典、佐藤流司が新たに参加することが決定した。佐藤貴史もオールラウンダーズとして今回より加わる。(オールラウンダーズとは、作品における全風景を担う枠であり、最も過酷な役である。)今回も、古屋の漫画からそのまま抜け出てきたようなビジュアルにも注目だ。

【キャスト】
木村了<赤場帝一>
入江甚儀<大鷹弾>
三津谷亮<榊原光明>
吉川純広<東郷菊馬>
谷戸亮太<根津二四三>

冨森ジャスティン<氷室ローランド>
細貝圭<駒光彦>
大河元気<森園億人>
瀬戸祐介<本田章太>

市川知宏<野々宮裕次郎&オールラウンダーズ>
佐藤永典<夢島玲&オールラウンダーズ>
佐藤流司<久我信士&オールラウンダーズ>
佐藤貴史<オールラウンダーズ>
ぎたろー<オールラウンダーズ>

井上小百合(乃木坂46)<白鳥美美子>※Wキャスト
樋口日奈(乃木坂46)<白鳥美美子>※Wキャスト

津田健次郎<堂山圭吾>
平沼紀久<オールラウンダーズ>
大堀こういち<赤場譲介>

昨春、イケメンたちの婉美で雄健(!)なナマ尻が舞い踊った感動の学園政権闘争歌劇!!果たして会長選挙の行方は!?帝一の運命は!?【第二章】學蘭歌劇『帝一の國―決戦のマイムマイム―』は、2015年7月12日(日)から7月20日(月・祝)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて、2015年7月25日(土)・7月26日(日)には大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演される。チケットは、2015年5月17日(日)10:00より各プレイガイドにて一般発売開始。

(C)古屋兎丸/集英社

(文/エンタステージ編集部)

【第二章】學蘭歌劇『帝一の國-決戦のマイムマイム-』

作品情報【第二章】學蘭歌劇『帝一の國-決戦のマイムマイム-』

僕ハ踊ル、東デ西デ!原作:古屋兎丸×脚本:喜安浩平×演出:小林顕作、3つの才能がスパークして生まれる過剰で過激な学園政権闘争歌劇!!

  • 公演:
  • キャスト:木村了、三津谷亮、 入江甚儀、吉川純広、谷戸亮太、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP