HEADLINE

ニュース

“振り込め詐欺”を題材に社会問題に切り込む『しがらみの向こうに』上演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『しがらみの向こうに』

2015年3月25日(水)より下北沢・「劇」小劇場にてRISU PRODUCE『しがらみの向こうに』が上演される。RISU PRODUCEは、1999年に活動を開始した演劇ユニット。地方公演も積極的に行い、2001年には第九回北九州演劇祭参加、2009年には大阪ロクソドンタフェスティバルでグランプリを受賞するなど上質な作品を全国へ届けている。全作品の作・演出を担当する主宰の松本匠は、オフブロードウェイへの出演や、ボクシングのライセンス取得、2013年には川平慈英らとともに東京演者兄弟会を旗揚げするなどの異色の経歴を持つ。

関連記事:昨年の公演も大評判でした!RISU PRODUCE×東京演者兄弟会『笑いの神様へ』

『しがらみの向こうに』は2007年に初演され、2008年には四日市でも公演が行われるなど繰り返し上演されてきた。題材となっているのは“振り込め詐欺”。作品を通して、現代の若者の苦悩や社会差別や偏見、生への葛藤を描いている。演劇という手段を通して、私たちが今しっかり捉えるべき地域コミュニティや家族間のコミュニケーションの喪失という社会問題を訴えている。

“世の中金がすべて”と豪語する元山は、未だかつて誰もやったことのない詐欺行為を始めるため、相棒の都と大阪梅田の雑居ビルに事務所を構える。詐欺行為をするにはどうしても人手が必要。思い切ってスポーツ新聞に怪しい求人広告を出した。待ちに待った掲載日がくると、続々と問い合わせの電話が鳴り響き、“高収入”を目当てにした癖ありそうな連中ばかりが集まってきた。元山の「真面目に働いても金なんてある程度しか入ってきませんやん!?」この言葉に全員の心が揺れ動く。拒む者、迷う者、即決する者。様々な葛藤の中、大阪梅田の繁華街の一室で日本初の詐欺行為が始まる―。

出演は是近敦之、齋賀正和、世良優樹、田中俊、矢田政伸、横関健悟、花田裕二郎、松本匠。都会の中でうごめくアンダーグラウンドの世界で、人生がうるさくなってきた30代の男たちが社会派メッセージを解き放つ。RISU PRODUCE『しがらみの向こうに』は、2015年3月25日(水)から2015年3月29日(日)まで下北沢・「劇」小劇場にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

しがらみの向こうに

作品情報しがらみの向こうに

大阪梅田の繁華街の一室で日本初の詐欺行為が始まる―。

  • 公演:
  • キャスト:是近敦之、齋賀正和、世良優樹、田中俊、矢田政伸、横関健悟、花田裕二郎、松本匠

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP