HEADLINE

ニュース

悪漢物語(ピカレスク)の決定版!野村萬斎『藪原検校』公演スタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薮原検校

こまつ座と世田谷パブリックシアターの共同制作作品である舞台『薮原検校』が、2015年2月23日(月)、東京・世田谷パブリックシアターにて初日を迎えた。本作は、東北生まれの盲目の少年・杉の市が、悪事の限りを尽くして盲人社会の最高位、検校になるまでを描いた悪漢物語(ピカレスク)の決定版だ。井上ひさしが生み出した稀代の悪党を2012年の初演に引き続き、野村萬斎が演じる。

関連記事:『薮原検校』という物語を知っていますか?ご存じない方は作品データベースでチェック!

盲に生まれた不遇や障害をはねのけて、己の身と金の力を頼りに成り上がり生き抜こうとする杉の市、のちの二代目藪原検校を、前回(2012年)に引き続き世田谷パブリックシアター芸術監督でもある野村萬斎が務める。そして、杉の市の人生を狂わせる運命の女・お市を演じるのは、中越典子。物語の語り部である盲太夫に山西惇、杉の市と正反対の人生を歩みながらも心を通わせる検校・塙保己市にはこまつ座の顔である辻萬長を迎える。

先日の初日公演を終えたキャストと、演出の栗山民也からコメントが届いたので紹介しよう。

『薮原検校』

・栗山民也(演出)
井上さんの芝居に関わると、改めて井上さんの戯曲はなんと豊かで密度が濃いのだろうと実感します。無数の問いかけがこの戯曲に込められていることを感じ、それを受けることを快感に思いました。俳優や観客にとっても、これほどまでにエネルギーを使うことは滅多にないのではないでしょうか。『藪原検校』は我々に考えるヒントを与えてくれるような、今の時代に響く作品です。

・野村萬斎(杉の市、のちの二代目藪原検校)
栗山さんと、栗山さんの演出に馴染みの深いキャストのチームワークにより、作品のひとつひとつの構造が浮かび上がる、より進化した『藪原検校』になりました。初日とは思えない出来栄えになったのではと思いますし、私自身初演を上回る充実感を得ることができました。ぜひ多くのお客様にご覧いただきたいと思います。

・中越典子(お市)
井上さん作、栗山さん演出の作品への出演を熱望していましたので、それが叶った今日はとても緊張しましたが、お客様の笑い声や反応に励まされました。同時に、この戯曲の素晴らしさと難しさを改めて感じました。大きな山のようで、これから乗り越えないといけない、乗り越えないで終わったらもったいないと思っています。

『薮原検校』

・山西惇(語り部役の盲太夫)
ようやくこの日を迎えることができました。稽古から数えますと本日がひとつのゴールだと思うのですが、お客様の前で演じることで改めて気付くことが沢山あり、ここからがスタートなのだと、今日新たに思い直したところです。明日から更に頑張りたいと思います。

『薮原検校』

・辻萬長(検校・塙保己市)
初日とは綱渡りのようなもので、どの作品でも初日を迎えるのは緊張します。今回、私は再演からの参加になりますので更にプレッシャーを感じていましたが、栗山さんの手腕に導かれて、良い初日を迎えることができました。無事、綱を渡り切れたことにホッとしています。

『薮原検校』

こまつ座&世田谷パブリックシアター『藪原検校』(やぶはらけんぎょう) は、2015年3月20日(金)まで、東京・世田谷パブリックシアターにて上演される。

撮影:谷古宇正彦

(文/エンタステージ編集部)

藪原検校

作品情報藪原検校

悪の限りを尽くした男がついに頂点へ。…さて、その先にあるものと

  • 公演:
  • キャスト:野村萬斎、中越典子、山西惇、大鷹明良、酒向芳、春海四方、明星真由美、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP