エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

白井晃が満を持して挑戦する舞台『ペール・ギュント』

002032.jpg

2011年の開館以来、様々なプロデュース作品や、海外からの個性的なアーティストの招聘、舞台芸術フェスティバルの開催などユニークなプログラムで、新たな文化の発信地として注目されるKAAT神奈川芸術劇場。2015年7月11日(土)から、同劇場のアーティスティック・スーパーバイザーを務める白井晃の演出で、イプセンの『ペール・ギュント』が上演されることが決定した。

関連記事:KAAT神奈川芸術劇場の公演は、劇場の中と現実がリンクするかのような作品ばかり。その一部をエンタステージでも紹介します!

『ペール・ギュント』とは、ノルウェーの国民的劇作家で「近代演劇の父」とも称されるヘンリック・イプセンの作品。砂漠から嵐の海まで世界中を、常に「自分自身であるとは何か?」を問い、まわり道を重ねつつ放浪する主人公ペールを喜劇的に描いた作品は、「自分探し」という現代の人間にも通じるテーマを奏でていることから、20世紀末より様々な演出家に取り上げられ上演された。

白井の演出作品といえば、音楽的要素がかかせないものとなっている。『ペール・ギュント』は、グリーク作曲による音楽が知られているが、今回は、日本を代表するフリー・ジャズピアニスト、スガダイローに音楽を依頼、より現代的で刺激的な音楽を追求するという。

主人公ペールを演じるのは、内博貴。この他、藤井美菜加藤和樹堀部圭亮橋本淳三上市朗、前田美波里らが出演する。

『ペール・ギュント』は、2015年7月11日(土)~7月20日(月・祝) KAAT神奈川芸術劇場 ホールにて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

ペール・ギュント

作品情報ペール・ギュント

「自分自身とは何か?」現代にも通じるテーマが、胸に響くイプセンの傑作

  • 公演:
  • キャスト:内博貴、藤井美菜、加藤和樹、堀部圭亮、橋本淳、三上市朗、前田美波里、ほか

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 002032.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る