HEADLINE

ニュース

『マッサン』のエリーがミュージカル『シカゴ』のロキシー役に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャーロット・ケイト・フォックス『シカゴ』

2015年10月、ブロードウェイミュージカルの代名詞であり、最もセクシーなミュージカルと称される『シカゴ』のブロードウェイ公演において、NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』でヒロイン・エリーを演じ人気を博しているシャーロット・ケイト・フォックスが、主人公ロキシー役でブロードウェイデビューすることが決定した。しかもブロードウェイ公演の後、12月にはアメリカ・カンパニーと共に来日公演を行うことも発表された。

関連記事:『シカゴ』がブロードウェイ史上第2位のロングラン作品に!

『シカゴ』といえば、何でもありな富と名声の物語、素晴らしい楽曲、そしてスタイリッシュでセクシーなダンスが楽しめるミュージカル。これまでにトニー賞6部門、オリヴィエ賞2部門、グラミー賞など、数々の称賛を受けており、昨年11月には『キャッツ』の記録を更新し、ブロードウェイ史上2位のロングラン作品となっている。

シャーロットが演じるのは、欲望の為には手段を選ばないが、なぜか憎めない小悪魔のようなロキシー・ハート。不倫相手を殺害した罪で起訴された人妻ロキシーは、弁護士やメディアを利用してスターの座を掴もうとします。「オール・ザット・ジャズ」をはじめ、名曲揃いの『シカゴ』だが、ロキシーの代表的な楽曲は、夫への愛を皮肉たっぷりに歌い上げる「ファニー・ハニー」、演劇史に残るモノローグから歌へと繋がる「ロキシー」、ダンスが舞台狭しと展開される「ミー・アンド・マイ・ベイビー」や、一筋縄ではいかない人間讃歌「ナウアデイズ」など盛りだくさん。現在29歳のシャーロットは、大学では演劇やダンスを専攻し、これまでに複数の舞台に出演し、高い評価を得ている。日本でのTVドラマ初出演かつヒロインの大役に挑戦したシャーロットが、2015年はさらなる大舞台に立つ。

シャーロット・ケイト・フォックス『シカゴ』

『マッサン』の撮影が始まった2014年夏の初め、『シカゴ』オーディションの打診があり、『マッサン』の放送が始まってまもない頃、オーディションを受けたという。そして11月にロキシー役が決定したそうだ。シャーロットは「決まったという新しい旅を始めるような気持ちで、とても楽しみにしています。日本のみなさんが親しんでくださった、シャーロット・ケイト・フォックスとはまた違う私の一面を見ていただけると思います。『マッサン』でエリーを演じさせていただいたことをはじめ、自分の経験のすべてをロキシー役に注ぎ込むつもりです。『シカゴ』をご覧になった方の心になんらかの刺激を残し、それが皆さんの生きるエネルギーになれば嬉しいです。劇場で皆さんと、いろいろなものを共有できることを楽しみにしています」とコメントしている。

シャーロット・ケイト・フォックス『シカゴ』

『シカゴ』ブロードウェイ公演は、2015年10月26日(月)~11月8日(日)(※予定)まで、アンバサダー劇場にて上演、その後、2015年12月に来日し上演される。公演の詳細は4月上旬に発表される予定。

撮影=石黒淳二

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP