HEADLINE

ニュース

“理想の上司”天海祐希が最強最悪の女ボス役に!映画『ミニオンズ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『ミニオンズ』天海祐希

ユニバーサル・ピクチャーズ史上最高となる全米興行収入(368,061,265ドル)を記録、日本でも興行収入25億円を突破し、大ヒットした映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』。その『怪盗グルー』シリーズの大人気キャラ、バナナが大好物な謎の生物ミニオンを主役にすえた映画『ミニオンズ』が2015年7月31日(金)公開される。本作に女優の天海祐希が声の出演をすることが本日発表された。

関連記事:舞台に出演する声優も、声の出演をする舞台役者も、エンタステージでたくさん紹介します!

人類が誕生する遥か昔、黄色い生物としてミニオンは誕生した。長い年月をかけて進化しながら、絶え間なくその時代の最も強いボスに仕えてきた。Tレックスからナポレオンなどあらゆるボスに仕えてきたが、失敗ばかりで長続きしない。やがて仕えるボスがいなくなり、ミニオンたちは生きる目的を見失ってしまう。ミニオン滅亡の危機が迫る中、兄貴肌のケビン、バナナのことで頭がいっぱいのスチュアート、そして弱虫のボブが仲間たちを救うべく立ち上がった。――新たな最強最悪のボスを探しに、ミニオンズの壮大な旅が始まる。

天海が担当するのは、ミニオンたちが最強のボスを探して辿りついたアメリカで出会う、悪党スカーレット・オーバーキル。悪党スカーレットは、オードリー・ヘップバーン風の外見をした、世界初の女性の悪党。自分の欲しいものが手に入らないこと、相手が自分の思い通りに行動しないことに対して攻撃的になる性格。その一方でロマンチックでもあり夫のハーブを深く愛する一面も持っている。

日本で5年連続“理想の上司”(女性部門)に選ばれた天海が悪党界の“理想の上司”最強の女ボス役にピッタリ!…という理由で今回の起用が決まったという。天海は「どうやら、私の演じるスカーレットのあとのミニオンのボスが(笑福亭)鶴瓶さん演じる怪盗グルーだそうで!!もちろん、鶴瓶さんより、強くて、悪いけど、人間味溢れるミニオンたちのボスになれるよう、楽しんでやらせていただきたいと思います!鶴瓶さん~!負けませんよ!夏休みの公開を楽しみにしてください!」とコメントしている。なお、天海は今年6月に予定されているLAプレミアのカーペットへの参加も決定しており、本国版でスカーレット役を担当するアカデミー賞女優サンドラ・ブロックとの夢のツーショットも実現するかもしれない!?

映画『ミニオンズ』は、2015年7月31日(金)、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー!

(C)2015 Universal Studios.

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP